中国BYD、ヒュンダイ自動車にリン酸鉄リチウムバッテリー供給を推進か

EV電池

中国BYD、ヒュンダイ自動車にリン酸鉄リチウムバッテリー供給を推進か

中国の電気自動車・バッテリーメーカーであるBYDが、韓国のヒュンダイ(現代)自動車への電気自動車用バッテリー供給を推進するとの報道が出ている。
 
(参考記事:「アップルがヒュンダイ傘下の起亜と「アップルカー」生産で17日正式契約か」)
 
韓国メディア「THE GURU」は中国現地メディア情報をもとに、「BYDが最近、ヒュンダイ自動車専門のチームを作り、来年にヒュンダイ自動車にバッテリーを供給すると予想される」と報じた。

現在BYDは、「ブレードバッテリー」の外部供給を拡大している。同バッテリーはBYDの新たなLFP(リン酸鉄リチウム)バッテリーであり、最適化された構造により従来のLFPバッテリーよりバッテリーパックの空間活用度が50%増加したとされる。特に表面温度が30~60度に過ぎず釘で刺す以外にも曲げたり、粉砕、高温加熱、260%過充電など様々な状況を耐えることができると同紙は伝えた。

BYDはブレードバッテリーを自社が販売する電気自動車だけでなく、他のブランドにも供給するために複数のメーカーに接触し、中国の第一自動車グループ(FAW)、アウディ、ポルシェと供給契約を結んだという。

両社は回答を拒んだ。
 
(参考記事:「「アップルカーはヒュンダイのEVプラットフォーム使用」著名アナリスト予想」)
(参考記事:「昨年のEV電池世界市場、韓国勢シェアが倍増…16%→34.7%」)
(参考記事:「ヒュンダイへの2兆円規模EV電池供給、SKが受注か…LGは火災で敬遠?」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない