Galaxy S21は前作に比べ販売好調 前作に比べ30%増…低価格に好感か

スマホ

Galaxy S21は前作に比べ販売好調 前作に比べ30%増…低価格に好感か

サムスン電子の最新スマートフォン「Galaxy S21」が、前作に比べ発売初期の販売が好調であることが分かった。
 
(参考記事:「サムスンが「Galaxy S21」を公開…ウルトラはSペン支援、基本モデルは前作より2万安い」)
 
10日、サムスン電子は先月29日に正式発表された「Galaxy S21」シリーズの国内(韓国)販売実績(1月29日〜2月8日)を集計した結果、前作である「Galaxy S20」シリーズと比較し、同じ期間(11日間)に、約30%増加したと発表した。

モデル別では、「Galaxy S21」(基本モデル)が全体の売上高の約40%を占め、最も多く売れたとし、「Galaxy S21 Ultra」が約36%で続いた。

個別モデルの場合は、「Galaxy S21 Ultra」はファントムブラック色、「Galaxy S21」と「Galaxy S21 +」は、新たに登場したファントムバイオレット色が最も多く売れた。

また、先月「Galaxy Unpacked2021」で共に公開された「Galaxy Buds Pro」は前作に比べ、販売量が約2倍増えたことも暫定集計で明らかにされた。

「Galaxy S21」は5Gフラッグシップスマートフォンとしては初めて100万ウォン(約9万4千円)以下で発売されたことが、消費者に好印象を与えたとみられる。

サムスン電子は、「Galaxy S21シリーズは、例年に比べて約2ヶ月前倒しで発売したにもかかわらず、販売好調を続けており、特に既存のGalaxy Sシリーズを使用している多くのお客様の約定期間が終了する3〜4月にさらに需要が増えると予想される」と説明した。
 
(参考記事:「サムスンD「スマホ消費電力16%改善のOLEDをリリース」発表…Galaxy S21に初適用」)
(参考記事:「半導体不足で「Galaxy S21」の生産にも支障か…サムスンファウンドリにも注文殺到?」)
(参考記事:「Galaxy S21は発熱しやすい?「40℃をはるかに超えて熱くなる」ユーザーコミュニティ」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない