[動画あり]ヒュンダイ、歩く無人モビリティー「タイガー」を公開

その他

[動画あり]ヒュンダイ、歩く無人モビリティー「タイガー」を公開

ヒュンダイ(現代)自動車グループが、新概念の未来モビリティー開発に乗り出す。
 
(参考記事:「[特集]アップルとヒュンダイの協議は再開可能性あり 「アップルカー」めぐる交渉」)
 
ヒュンダイ自動車グループは10日(水)、変身する知能型移動ロボット「タイガー(Transforming Intelligent Ground Excursion Robot, TIGER)」を、自社公式ユーチューブチャンネルを通じて初公開した。

ヒュンダイ自動車グループ傘下の未来モビリティー担当組織「ニューホライズンズスタジオ」で開発されたタイガーは、2019年にCESで初めて公開された歩くモビリティー「エレベート(Elevate)」と似たモジュール型プラットフォーム構造を備えている。今回公開されたタイガーの一つ目のコンセプトモデルは「X-1」と命名され、この「X」は「実験用(Experimental)」を意味する。

タイガーは高さ約80㎝、幅約40㎝、重さ約12㎏に4つの脚と車輪が付いた小型無人モビリティーで、性能が優れたオフロード車両も行くことができない険しい地形まで知能型ロボット技術と車輪を組み合わせ自由に移動できる。

タイガーの車体は▲様々なセンサーを活用した化学探査・研究▲応急救助時の緊急補給品輸送▲奥地への商品配送など一般車両では難しい多目的任務の遂行に適合するよう設計されており、前進と後進だけでなく左右にも容易に方向転換することができる「対称的なデザイン(Symmetric Design)」構造をしている。障害物があったり車輪を使って通るのが難しい地形を通過するときは、ロボットの脚の歩行能力を使い、平らな地形では4輪駆動車両に変身し速度を出して走行することができる。

また、車体内部には別途の貨物積載室を備え、物品保護機能を強化し、ロボットの脚で随時水平状態を維持することができ、険しい道や極地など路面状態が不規則な空間でも物品を安全に輸送することができる。

ニューホライズンズスタジオは、タイガーをオープンイノベーション方式で開発するために人工知能(AI)基盤のエンジニアリング設計分野のトップ企業「オートデスク(Autodesk)」、コンセプトデザイン専門企業「サンドバーグ・フェラー(Sundberg-Ferar)」とも緊密に協力した。
オートデスクは、AI基盤の「ジェネレーティブデザイン(Generative Design)」技術によって、タイガーの脚、車輪、シャーシ、タイヤまで軽くて丈夫な3Dプリント製造が可能なよう設計部門において協力した。サンドバーグ・フェラーは外部スタイリング、車体、シャーシ、脚の部品設計とソフトウェア開発に参加した。

ヒュンダイ自動車グループは今後もニューホライズンズスタジオを中心に全世界の革新的企業と協力を通じて未来モビリティーの新たな可能性を多角度で模索する方針だ。

ヒュンダイ自動車グループニューホライズンズスタジオのジョン・ソ(John Suh)常務は「タイガーのような未来モビリティーとその土台となる技術は、私たちの想像力が新たな方向に進む動力を提供する」とし「ニューホライズンズスタジオでは、車両の設計や製造方法、そして未来モビリティーの概念を再確立できる方策を探し続けている」と明らかにした。

※ジェネレーティブデザイン(Generative Design):設計者が設定した条件と定義により数百、数千個の最適化されたデザインを迅速に提示できる方法
 
(参考記事:「[特集]次世代車開発にイケイケの韓国ヒュンダイ 世界4位のEV車、BTS起用の水素車、そして四足歩行車…?」)
(参考記事:「韓国ヒュンダイが英で「空飛ぶタクシー」空港建設着手か…英政府など430億円投じる」)
(参考記事:「ヒュンダイが謝罪、リコール修理後も出火した電気自動車について」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない