韓国与党幹部、サムスンのフッ化水素再利用等を評価…「名分と実利の両方で韓国の勝利」

半導体 通商・特許

韓国与党幹部、サムスンのフッ化水素再利用等を評価…「名分と実利の両方で韓国の勝利」

韓国与党幹部が、サムスン電子の液化フッ化水素再利用システムの開発について言及し、「政府与党は(素材・部品・装置)自立強化に拍車をかける」と明らかにした。
 
(参考記事:「サムスンがフッ化水素を再利用か…使用量最大9割減?」)
 
ユ・ドンス=共に民主党政策委員会首席副議長は18日午前、国会民主党政策調整会議において、日本の対韓国の輸出規制措置と関連し、「名分と実利の両方で大韓民国の勝利」であると述べた。

ユ副議長は、「国際貿易秩序に反する日本の輸出規制措置の後、政府与党は、素材・部品・装置国産化支援を強化した」とし、ソルブレインが高純度フッ化水素製造設備を2倍に拡大したことや、SKマテリアルズが高純度フッ化水素の量産を開始したことなどに言及した。

ユ副議長は、「日本のメディアは自国の輸出規制が韓国素材の国産化に貢献し、むしろ日本の素材企業が打撃を受けたと批判した」とし、「政府与党は、単に脱日本にとどまらず、世界市場で韓国企業が確実な競争力を確保することができるように政策的支援を惜しまない」と述べた。

続いて、「政府与党は、この勢いを続け素材・部品・装置自立の強化に拍車をかけるだろう」とし、「今年は、サプライチェーンのコアアイテムと次世代車、バイオなどの《ビッグ3》に対応する」と明らかにした。
 

(参考記事:「[特集]韓国の半導体素材や部品などの国産化政策…1年半の経過」)
(参考記事:「韓国検察、10ナノDRAM技術など中国流出疑いで多数を起訴」)
(参考記事:「スパコン日本1位、韓国21位に「政府指導層は克日、AI強国を叫ぶが実状は正反対」韓国紙」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない