ポスコケミカル、正極材工場を拡張へ…262億円投じる

EV電池

ポスコケミカル、正極材工場を拡張へ…262億円投じる

ポスコケミカルが電気自動車バッテリー市場の急成長に対応して、正極材工場の生産ライン増設に乗り出す。
 
(参考記事:「韓国ポスコケミカル、GMとLGの電池合弁企業に正極材供給発表」)
 
ポスコケミカルは23日、全羅南道光陽市で正極材光陽工場の4段階拡張建設工事の着工に入った。

今回の拡張は合計3万トン規模で、1回の充電時500Km以上走行することができる第3世代次世代電気自動車のバッテリー用ハイニッケルNCMA正極材を生産する予定であり、総額2,758億ウォン(約262憶円)が投じられる。稼働は2023年を目指している。

* NCMA正極材:ニッケル・コバルト・マンガン・アルミニウム組成の正極材

光陽工場の4段階増設が完了すると、ポスコケミカルは正極材の生産能力を10万トンに拡大することになる。正極材10万トンは、60Kwh級電気自動車のバッテリー110万台に使用することができる量となる。

ポスコケミカルは2018年に1万トン規模の正極材亀尾工場を竣工したのに続き、2019年には光陽栗村産業団地に5千トン規模のハイニッケル正極材光陽工場(第1段階)と、2020年2万5千トン規模の(第2段階)工場を竣工し、現在2022年11月の稼動を目標に3万トン規模の第3段階工事を進めている。

ポスコケミカルは光陽工場の段階的増設とヨーロッパ、中国など海外工場設立も推進し、グローバル生産体制を構築し、グローバルバッテリー社の自動車各社に大規模に適時に供給する予定だ。

ポスコケミカルのミン・ギョンジュン社長は記念辞を通じて、「今回の拡張で顧客に最高品質の製品を安定的に供給できるようになった」とし、「ポスコグループと一緒に原料バリューチェーンの構築、技術の確保、量産能力の拡大投資をさらに加速して世界最高水準の事業競争力を備え市場をリードする」と明らかにした。

ポスコケミカルは、次世代素材先行開発などの技術リーダーシップ確保と継続的な投資を通じた量産体制の構築に二次電池材料事業を2030年までに、正極材を現在の4万トンから40万トンへ、負極材を4万4千トンから26万トンまで生産能力を拡大し、世界市場シェアの20%、年間売上高23兆ウォン(約2.2兆円)以上の規模に成長させていく計画である。
 
(参考記事:「韓国ポスコケミカル、欧州に正極材生産ライン建設か…EV電池の核心素材」)
(参考記事:「ポスコケミカル、EV電池用素材好調も前年同期比で利益減…7~9月決算」)
(参考記事:「ポスコケミカルが正極材工場を拡張へ…260億円投資、22年稼働」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない