サムスンSDI、ハンガリーのEV電池工場を拡大…1兆ウォン投じる

EV電池

サムスンSDI、ハンガリーのEV電池工場を拡大…1兆ウォン投じる

サムスンSDIが約1兆ウォン(約950億円)を投じ、ハンガリーにある電気自動車バッテリー工場の生産能力を拡大する。
 
(参考記事:「サムスンSDI、台湾チャイナモーターにEV電池供給」)
 
サムスンSDIは23日、100%子会社であるハンガリー法人が施設の資金調達を目的とし4037億ウォン(約389億円)規模の株主割当有償増資を決定したと発表した。また、サムスンSDIは、ハンガリー法人に5383億ウォン(約512億円)の債務保証を行うことを決めた。これにより、サムスンSDI、ハンガリー法人が調達する資金は約9420億ウォン(約895億円)に達する。

サムスンSDIは、ハンガリー北部ゲッド地域に30GWh(ギガワット時)規模のバッテリー工場を持つ。ここでBMW、フォルクスワーゲンなど、ヨーロッパの自動車メーカーに供給するバッテリーを生産する。

今回の増設投資により、ハンガリー工場の生産能力は40GWh後半にまで増える見込みだ。サムスンSDIは、先月の実績発表カンファレンスコールでも、「今年、ハンガリーを中心に増設を進める計画だ」と明らかにしていた。
 
(参考記事:「SKイノベーション、ハンガリーに3件目となるEV電池工場を建設…1200億円出資」)
(参考記事:「LG化学、ポーランドのバッテリー工場増設へ。近隣工場買収」)
(参考記事:「中国除く世界のEV電池市場、半分以上が韓国企業製に…3社で52.9%」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない