タイガー・ウッズが交通事故で重傷…ヒュンダイ車の性能に米各紙が注目

その他

タイガー・ウッズが交通事故で重傷…ヒュンダイ車の性能に米各紙が注目

米プロゴルファーのタイガー・ウッズ選手が23日(現地時間)交通事故で負傷したが、ウッズ選手が乗車してたのが韓国ヒュンダイ自動車のSUV「ジェネシスGV80」に乗っていた事実が現地で大きな関心を集めている。
 
(参考記事:「ヒュンダイのSUV「ツーソン」42万台が中国でリコール…火災危険性理由に」)
 
FOXニュースビジネスやUSAトゥデイなど現地メディアは、ウッズ選手が乗っていた車両の状態について詳細に紹介した。

現地報道によると、ウッズ選手は、先週末、ヒュンダイ自動車の後援で行われた米プロゴルフ(PGA)ジェネシスインビテーショナル大会の主催者として参加。ウッズ選手はLAでの滞在中、ヒュンダイ自動車からGV80を借りて使用した。

ウッズ選手はこの日の午前7時15分頃、LA郡郊外において、一人で運転していて事故を起こした。

車両は高速道路中央線を超え反対側の車線に乗り出し、10mの高さの斜面を転がり落ちた。事故当時の衝撃で車両はエンジンルームがある先端部分がくぼむなど大きく破損した。消防士は、車両のフロントガラスを開けウッズをやっと救助した。ウッズは足に重傷を負ったと伝えられる。

事故原因はまだ特定されていないが、悪路での加速が有力な原因の一つとして浮上している。

LA警察は事故のブリーフィングで、「ウッズが事故後の救助員と会話するほど意識がしっかりしており、足を怪我したが、障害の証拠はない」と述べた。また、「車両エアバッグが作動しており、車両の内部は破損されなかった」と説明した。

事故のニュースが伝わると、米国メディアはジェネシスGV80に大きな関心を見せた。

USAトゥデイはGV80に言及し、基本的な仕様や価格などを詳しく紹介した。ワシントンポストとウォールストリートジャーナルも、警察の中間調査結果を引用して、GV80の安全性を報告しました。

GV80は後輪駆動ベースのSUVで、10個のエアバッグと前方衝突警告システム、回避ステアリング技術、運転者が眠りに落ちたときに警告する内部カメラが搭載されている。
 
(参考記事:「[動画あり]ヒュンダイ、歩く無人モビリティー「タイガー」を公開」)
(参考記事:「[特集]アップルとヒュンダイの協議は再開可能性あり 「アップルカー」めぐる交渉」)
(参考記事:「ヒュンダイが米国で販売好調 トヨタやホンダを前年同月比で圧倒」)
(参考記事:「「ボルトEV」はSW更新で解決に自信…火災リコールめぐるGMとヒュンダイの違い」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない