サムスン、データセンター用6世代V-NAND SSDの量産発表

半導体

サムスン、データセンター用6世代V-NAND SSDの量産発表

サムスン電子がOCP(Open Compute Project)規格のデータセンター専用SSD、PM9A3 E1.Sの量産を決定した。

OCPは、グローバルデータセンター関連企業がデータセンターを効率的に開発・運営できるハードウェアとソフトウェアの標準を定める機構である。
 
(参考記事:「サムスン米工場停止、SSD価格引き上げの要因に」)
 
今回量産される製品は、業界初の6世代V-NAND基盤のデータセンター専用SSDで、OCPのNVMe Cloud SSD規格を満たし、データセンターの要求する性能、電力効率、セキュリティーなどを最高水準で提供する。特に、電力効率は業界最高であり、データセンターの運営費用の節減が可能だ。最近注目されている、炭素低減効果も期待できる。

PM9A3 E1.Sの電力効率は、連続書き込みの場合1ワット(W)あたり283MB/sを提供する。前世代である、5世代V-NAND基盤PM983a M.2より約50%向上した数値だ。昨年度出荷されたサーバー用HDD(Hard Disk Drive)を全部PM9A3 E1.Sに代替した場合、1年間1484GWhの電力を節減できるほどの電力効率である。これは、電力消費量の多い、夏のソウル市の一ヶ月間の住宅消費電力量より大きい数値である(2020年8月のソウル市住宅用電力使用量: 1412GWh; 韓国電力公社)。

PM9A3 E1.Sの連続書き込み速度は前世代の製品より約2倍向上した3000MB/sで、ランダムリードの速度(750K IOPS)とランダムライトの速度(160K IOPS)もそれぞれ40%、150%向上した。

PM9A3 E1.Sは、使用者データ暗号化のような基本的なセキュリティー以外にも、アンチロールバック(Anti-Rollback)、セキュアブート(Secure Boot)など、多様なセキュリティーソリューションを提供する。アンチロールバックは、セキュリティー脆弱性のあるバージョンへのダウングレードを防止する機能である。PM9A3 E1.Sは、セキュリティー脆弱性が発見されたファームウェアの履歴を保存し、ダウンロードを防ぐ。
PM9A3 E1.Sには基本的に許可されていない接近(Access)を拒否する機能があるが、セキュアブート機能の追加でセキュリティーをより強化した。セキュアブートは、SSD内部に保存されている電子署名(Digital Signature)をブート過程でチェックし、正常認識された場合のみ、ブートできるようにする。

サムスン電子メモリ事業部商品企画チームのパク・チョルミン常務は、「PM9A3 E1.Sは6世代V-NAND基盤で、業界最高水準の電力効率を具現したNVMe SSDとして、大規模データセンター顧客にとって最高のソリューションになるはず」と述べ、「今後も、OCPに参加した顧客社と協力し、データセンター用SSD標準を作っていく」と明らかにした。
フェイスブックのOCP SSD総括のロス・ステンフォート(Ross Stenfort)氏は、「OCP NVMe Cloud SSDは最近みられるデータセンターの技術的難題の解決の重要な糸口を提示してくれる」と述べ、「特に、サムスン電子の今回の製品は、大規模拡張を必要とするデータセンター環境に適合したSSD規格を満たしている」と明らかにした。

サムスン電子はPM9A3 E1.Sの量産をはじめに、5G時代の幕開けと超連結社会へと変化する時代に足並みをそろえ、グローバルデータセンター企業と持続的に協力することで、次世代技術の確保と標準化の主導権を確保する計画だ。
 
(参考記事:「サムスンが消費者向けSSD「870 EVO」を発売」)
(参考記事:「SKハイニクスが個人用SSD市場に進出…「Gold P31」と「Gold S31」発表」)
(参考記事:「サムスンがイメージセンサー新製品「ISOCELL GN2」を発売…業界初の「ピクセル斜め分割」適用」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない