韓国の昨年輸出額は世界7位…コロナによる減少幅は日米より良好

通商・特許

韓国の昨年輸出額は世界7位…コロナによる減少幅は日米より良好

韓国の昨年の世界輸出量は7位で、前年と同じ順位を維持したことが分かった。
 
(参考記事:「韓国の1月のICT輸出163億ドル…半導体・携帯好調で8カ月連続増」)
 
韓国のニュース1は28日、世界貿易機関(WTO)が発表した「2020年世界主要国交易動向」をもとに、韓国の昨年の商品輸出額が5124億9800万ドル(約54兆5298億円)で7位となり、輸出と輸入を合わせた交易順位は9位で、いずれも前年と同じ順位を維持したと報じた。

輸出額は前年より5.5%減少したが、順位は2019年と同じだった。

世界で韓国の占める輸出の割合は3.1%と、2019年(+2.9%)よりさらに高まった。

ニュース1によると、韓国の輸出減少率は10大国のうち4番目に良好だった。 大半の国の輸出額が減少した中で、中国(+3.7%)と中国の特別自治区である香港(+2.6%)が前年比増加し、オランダも減少率が-4.8%にとどまった。

米国は前年対比実に12.9%減少し、フランスは14.5%の減少率で主要国の中で減少幅が最も大きかった。 このほか、日本(-9.1%)、ドイツ(-7.3%)、ベルギー(-6.2%)などもコロナの打撃を大きく受けた。

WTOによると、昨年10大輸出大国の商品輸出額(香港を含む)は計9兆1837億ドルで、前年より5.1%減少した。

このうち中国は2兆5911億2100万ドル(約275兆6955億円)で1位を維持した。コロナの影響にもかかわらず、輸出額が前年比3.7%増加した。 輸出10大国のうち、輸出額が増えた国は香港(+2.6%)を除けば、中国が唯一だった。

中国以外では、米国、ドイツ、オランダ、日本で、上位5ヵ国の順位は前年と同じだった。 続いて2019年9位だった香港が6位に、6位だったフランスが9位に順位を変え、7位の韓国、8位のイタリアは変動がなかった。 昨年10位だった英国は10大国家に含まれず、その代わりベルギーが新たにランクインした。
 
(参考記事:「韓国の二次電池輸出が5年連続で最高値更新…2兆2千億円の生産規模」)
(参考記事:「韓国の有機EL輸出が昨年1兆円超え…ディスプレイ輸出の6割占める」)
(参考記事:「「日本政府が韓国企業に特殊注射器8000万本を注文」韓国紙報じる」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない