韓国LGイノテックが新たな車載通信モジュールを発表…「日本企業を迅速に追撃」へ

半導体

韓国LGイノテックが新たな車載通信モジュールを発表…「日本企業を迅速に追撃」へ

LGイノテックは、世界初の次世代無線LAN技術を適用した「車載用Wi-Fi 6Eモジュール」を開発したと2日、明らかにした。
 
(参考記事:「「韓国政府は台湾に自動車用半導体の増産協力を要請すべき」関連団体が提言」)
 
同製品は、運行情報、マルチメディアコンテンツなどを制御するインフォテインメント(IVI)システムと、内部スマート機器と外部ルータを接続する近距離無線通信部品となる。

同製品のデータ転送速度は、1.2ギガビット(Gbps)で、6GHz(ギガヘルツ)高周波帯域を使用する次世代のWi-Fi 6E(第6世代拡張)技術を適用し、既存「Wi-Fi 5」に比べ速度が3倍ほど速い。

ネットワーク接続にかかる時間も2ms(ミリ秒、1msは1000分の1秒)と、従来比最大7分の1のレベルに短縮され、高精細映像伝送時の速度低下のシームレスが発生しない。

通信チップ、RF(無線周波数)回路などを組み合わせたモジュールとしてオーディオ・ビデオ・ナビゲーション(AVN)、スマートアンテナなどの自動車内・外部に複数の装着することができる。

搭乗者は、ワイヤレスでスマートフォンの映画、ゲームなどを車載ディスプレイやオーディオに接続して楽しんだり、ナビゲーションなどのソフトウェアを簡単に更新したりすることができる。

LGイノテックは、今回の「車載用Wi-Fi 6Eモジュール」で、グローバル車両通信部品市場攻略に積極的に乗り出す方針だ。

世界市場シェア1、2位を占めている日本企業を迅速に追撃し、首位の地位を確保するという戦略だ。

LGイノテックは2022年の製品化を目指し、韓国はもちろん、北米・欧州・日本・中国地域のグローバル車両部品社対象のプロモーションを積極的に行っている。

Wi-Fi 6Eチップサプライヤーであるドイツインフィニオンテクノロジーズと共同でマーケティングを積極的に推進する計画である。

グローバル市場調査機関であるTSR(Techno Systems Research)によると、世界的な自動車のWi-Fi通信モジュールの需要は、2020年5千120万台から2025年には8千730万台へと、約70%拡大する見通しだ。
 
(参考記事:「ヒュンダイも生産調整か…車両用半導体の不足受け GMコリアは稼働50%減」)
(参考記事:「LG電子とルックソフトの合弁会社が今月末発足へ…マグナとの合弁に続く電装事業強化」)
(参考記事:「韓国企業が「日本が独占する極薄銅箔の国産化に成功」発表…サムスンの半導体に適用へ」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない