ヒュンダイの水素車「ネッソ」、欧州評価機関より最高賞…エネルギー効率と排ガス評価で満点

その他

ヒュンダイの水素車「ネッソ」、欧州評価機関より最高賞…エネルギー効率と排ガス評価で満点

ヒュンダイ自動車は、自社の水素燃料自動車である「ネッソ」(NEXO)が、エネルギー効率と排出ガス量を基準に車両を評価する欧州の独立機関「Green NCAP」より、最高等級である5つ星を獲得したと2日、明らかにした。
 
(参考記事:「ヒュンダイが水素自動車「ネッソ」をアップグレード…基本モデルは636万円」)
 
ヒュンダイによると、ネッソは空気清浄度とエネルギー効率、温室効果ガスの排出量などの3つの評価指標のうち、空気の清浄度と温室効果ガスの排出指数で満点を獲得した。

「Green NCAPは「ネッソは排気管を通じたガスの排出がなく、二つの指標で満点となった」とし、「エネルギー効率も非常に高く、最高の評価を獲得するに値した」と評価した。

ヒュンダイは、エネルギー効率が高い評価を受けることで、水素電気自動車技術が高度に成長しており、実現可能な交通手段であることを証明したと強調した。

アンドレアス ・クリストフ・ホフマン=ヒュンダイ自動車ヨーロッパ圏本部商品・マーケティング担当副社長は、「ネッソが、アイオニック、コナEVと共に、Green NCAPから星5つを受けたという事実が誇らしい」と述べた。

ヒュンダイ自動車は、昨年はコナEVで、2019年にはアイオニックGreen NCAPより最高の評価を受けている。
 
(参考記事:「ヒュンダイの新EV「アイオニック5」が欧州で好評…募集台数の3倍が応募か」)
(参考記事:「[特集]ヒュンダイ「コナEV」の火災原因(韓国当局発表全文)」)
(参考記事:「タイガー・ウッズが交通事故で重傷…ヒュンダイ車の性能に米各紙が注目」)
(参考記事:「[特集]次世代車開発にイケイケの韓国ヒュンダイ 世界4位のEV車、BTS起用の水素車、そして四足歩行車…?」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない