LGのミニLED TVが来月正式発売か…その名も「LG QNED」

ディスプレイ

LGのミニLED TVが来月正式発売か…その名も「LG QNED」

LG電子が昨年末に公開したミニLED TV、「LG QNED」を来月正式に発売する。
 
(参考記事:「LG電子の有機ELテレビ、昨年200万台超を出荷…平均単価はLCDの4.6倍」)
 
3日、業界によると、LG電子は、米国のホームページを通じてLG QNED TVの主要な製品を紹介している。

聯合ニュースなどによると、まだ発売はされていないが、すでに事前紹介をしている点から、次の月には販売が開始されると業界ではみているという。

ミニLED TVは、光源の役割をするバックライトの周りに100〜200マイクロメートル(㎛)サイズのLEDを細かく入れた液晶表示装置(LCD)をベースにしたTVだ。

LCDは自発光できず、バックライトが必要となるが、ミニLED TVは、バックライトに入るLEDのサイズを減らし、既存のLCD TVの短所であるコントラスト比などを改善した製品である。

LG電子は、量子ドット(Quantum dot)とナノ細胞(Nanocell)技術を合わせた新色表現技術を適用したミニLED TVであるという意味を込めて、新製品を「LG QNED」と命名した。

ホームページによると、LG QNED TVの主要な製品は、8Kラインナップである「QNED99」シリーズの86インチモデルと75インチモデルでは、4Kラインナップである「QNED90」シリーズの86インチモデルと75インチモデルなどである。

LG電子は、8Kと4Kの解像度を含めて10以上のモデルをグローバル市場に販売する計画を発表している。
 
(参考記事:「LGDのOLEDパネル、米機関より「目に優しい」認証を受ける…厳しい条件満たす」)
(参考記事:「パナソニックの透明ディスプレイ、韓国LGDがパネル独占供給か」)
(参考記事:「韓国LGDが米ディスニーと有機ELで提携…映像編集などで協力」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない