ヒュンダイ・SK・ポスコなどが共同で、韓国の水素インフラに4.2兆円投資

その他

ヒュンダイ・SK・ポスコなどが共同で、韓国の水素インフラに4.2兆円投資

SK・ヒュンダイ自動車・ポスコ・ハンファ・ヒョソンなど韓国の5つのグループと中小・中堅企業が2030年までに水素経済の全分野に43兆4000億ウォン(約4.2兆円)を投資する。
 
(参考記事:「[特集]韓国の水素経済の現況と課題…水素自動車普及は世界1位も、インフラなど不十分」)
 
韓国政府は2日、SK仁川石油化学において、ジョン・セギュン首相主宰で第3次水素経済委員会を開催し、このような内容が明らかになった。

SK・ヒュンダイ自動車・ポスコ・ハンファ・ヒョソンなど5つのグループと中小・中堅企業は、2030年までに水素の生産、流通・保管、活用など水素経済の全分野に43兆4000億ウォンを投資する。これらの民間企業は、清浄水素(グリーン水素+青水素)の分野に集中投資し、大規模な水素生産技術を開発し、国内外に大量グリーン水素生産基地を構築する計画だ。

また、大規模な液化水素プラントの構築と液化水素ステーションの普及拡大のための投資も推進する。水素乗用車のほかバス、フォークリフト、船舶など、様々な水素モビリティを商用化し、清浄水素を活用した燃料電池の普及も拡大する。

韓国政府は、クリーン水素認証制度の導入と、様々な規模・方式のグリーン水素研究開発(R&D)・実証を支援し、清浄水素導入インフラを先制的に構築し、早期商用化を支援する。液化水素の安全規定を今年中に設け、産業省を中心に大規模な副生水素出荷時点に合わせて液化水素バリューチェーン全体を一括サポートするシステムを確立する。水素発電義務化制度(HPS)も早速立法して、モビリティのリリース時点に合わせた補助金の導入、公共調達の拡大と水素バス変換技術の確保などを支援する。

また、政府は、民間の水素経済投資活性化のための規制・制度の改善を提案、技術需要調査、協力事業の発掘などを総合的に推進する「韓国版水素委員会(Hydrogen Council)」の結成を支援する。水素融合アライアンスに水素革新デスクを設置して、水素経済投資の全過程を密着支援し、水素の専門人材・専門企業の育成と水素製品核心素材・部品の技術開発などを集中的に支援して水素産業生態系を構築する。
 
(参考記事:「韓国SKが中国吉利汽車と水素事業で合弁か…百度も参加可能性」)
(参考記事:「韓国SKグループ「米プラグパワーへの投資後5日で2兆ウォン含み益」」)
(参考記事:「[特集]世界各国で次世代車の普及生態系を構築する韓国ヒュンダイ」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない