ヒュンダイ自動車、インド市場で大幅成長…1位スズキを上回る

その他

ヒュンダイ自動車、インド市場で大幅成長…1位スズキを上回る

ヒュンダイ自動車が先月、インド市場で二けた成長を記録したことが分かった。
 
(参考記事:「ヒュンダイの新EV「アイオニック5」が欧州で好評…募集台数の3倍が応募か」)
 
韓国メディアなどによると、ヒュンダイ自動車は先月、インドで6万1800台を販売した。これは前年(4万8910台)に比べ26.4%の大幅成長となっている。成長率では1位のマツリ・スズキを上回った。

1位のマルチ・スズキは先月16万4469台を販売、前年(14万7110台)に比べ11.8%上昇した。

3位のタタモーターズは、前年より2万746台増の6万1365台を販売し3位となった。タタモーターズ(PV Passenger Vehicle)の販売量は史上最高だった。

新型コロナウイルス感染症によって委縮していた需要が反発した結果、上位各社すべてで販売量が増加した。
 
(参考記事:「[特集]ヒュンダイ「コナEV」の火災原因(韓国当局発表全文)」)
(参考記事:「タイガー・ウッズが交通事故で重傷…ヒュンダイ車の性能に米各紙が注目」)
(参考記事:「ヒュンダイのSUV「ツーソン」42万台が中国でリコール…火災危険性理由に」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない