サムスン、「Exynos」3種を今年追加発表か

半導体

サムスン、「Exynos」3種を今年追加発表か

サムスン電子が今年、自社のAP「Exynos」3種類を追加で発表するという見方が出ている。
 
(参考記事:「サムスンが新AP「Exynos2100」を発売(発表全文)」)
 
リーク情報で有名な中国のTwitterアカウントであるアイスユニバース(@UniverseIce)は3日、サムスン電子が今年Exynos8xx、12xx 22xxなどの3つのシリーズをリリースする予定であると伝えた。

昨年、Exynos1080と2100を発売したサムスン電子は、市場で高い評価を受けていた。

Exynos8xxは中級機のAP(アプリケーションプロセッサ)として、Exynos12xxとExynos22xxはプレミアム端末用の高度なチップセットと予想される。

Exynos22XXは前作2100シリーズの後継としてAMD GPU(グラフィックスプロセッシングユニット)を搭載するとの見方が出ている。

Exynos12XXはExynos1080後継製品で、スマートフォン用製品である可能性が高い。
 
(参考記事:「半導体不足で「Galaxy S21」の生産にも支障か…サムスンファウンドリにも注文殺到?」)
(参考記事:「TSMCが3ナノ技術公開へ、サムスンとの微細工程競争激化」)
(参考記事:「サムスンの昨年研究開発費は2兆1221億円…5ナノ工程増設など」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない