米ITC、サムスンを特許侵害で調査…スマホやタブレットなど 「特許怪物」案件

通商・特許

米ITC、サムスンを特許侵害で調査…スマホやタブレットなど 「特許怪物」案件

米国国際貿易委員会(ITC)は2日(現地時間)、サムスン電子が製造したスマートフォン、タブレット、スマートウォッチなどの特定のLTE互換携帯電話端末について特許侵害有無を調査すると明らかにした。
 
(参考記事:「サムスンとLG、米で半導体特許侵害で訴えられる…「特許怪物」案件」)
 
ロイター通信によると、ITCは、テキサス州オースチン会社であるイボルブド・ワイヤレス(Evolved Wireless)が先月1日、サムスン電子とモトローラモビリティを相手に調査を要請し、このような決定を下した。

イボルブド・ワイヤレスは、いわゆるパテントトロール(特許怪物)と呼ばれるグローバル特許管理専門会社(NPE)である。

同社は、サムスン電子とモトローラが自社の特許を侵害する端末を米国に持ち込み、販売し、関税法337条に違反したと主張する。

米関税法337条は、ITCが米国企業や個人の知的財産権を侵害した外国製品の輸入禁止を命令することができる条項である。

ITCは関連提訴を担当行政判事(ALJ)に割り当てて担当行政判事が特許権侵害かどうかの予備決定を行い、ITCが最終決定を下す予定だ。
 
(参考記事:「サムスン、米でIoT関連特許訴訟を起こされる…相手はまた「特許怪物」」)
(参考記事:「米当局、サムスンの有機EL技術を特許侵害疑いで調査…「特許怪物」の訴え容れる」)
(参考記事:「サムスンがJOLEDを有機EL特許侵害で米裁判所に提訴…昨年訴訟への対抗か」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない