[特集]韓国の国際特許出願数が世界4位に…ドイツを抜き日本に迫る

通商・特許

[特集]韓国の国際特許出願数が世界4位に…ドイツを抜き日本に迫る

韓国特許庁(庁長ギムヨンレ)によると、2020年に韓国がドイツを抜いて中国、米国、日本に次いで世界知的財産機関(WIPO)国際特許出願(PCT出願)で世界4位を占めたと明らかになっている。韓国は07 ~’09年4位、’10 ~’19年5位から今年11年ぶりに4位に浮上したという。
 
(参考記事:「韓国政府、日本による「特許攻撃」に対応のため専門組織を設置…国産化によるジレンマ」)
 
PCT(特許協力条約、Patent Cooperation Treaty)条約は、一つの出願書をWIPOに提出すれば、多くの国で同時に特許出願の効果が発生する条約である。

韓国のPCT出願件数も史上初の2万件を突破し、2011年に初めて1万件を突破した後、9年で2倍に増加した。

新型コロナウイルスによる世界的な景気低迷にもかかわらず、韓国のPCT出願は、前年比5.2%増加し、PCT出願上位10カ国のうち、中国(16.1%)、スイス(5.5%)の次に高い増加率を記録した。

技術分野別では、新型コロナウイルス状況に対応するためのデジタル変換とアンタクト(非対面)分野を中心に、PCT出願が増加したことが分かった。

出願人別では、大学、中小企業、大企業のPCT出願がそれぞれ17.6%、5.6%、2.2%増加し、新型コロナウイルスの影響で困難な状況でも、海外の知的財産権を確保するための努力が続いていることが分かった。

一方、2020年の世界PCT出願は275,900件で、前年比4.0%増加し、中国は68,720件を出願し、2年連続で世界1位を占めた。

中国PCT出願は、前年比16.1%増加し、世界2位の米国との格差は1,694件で、9,490件行われたことが調査され、日本とドイツのPCT出願は、前年比でそれぞれ4.1%、3.7%減少したことが分かった。

世界のPCT出願上位10社には、中国はファーウェイ(1位)など3社、日本は三菱(3位)など3社、韓国はサムスン電子(2位、3,093件)とLG電子(4位、2,759件)など2社、米国はクアルコム(5位)1社が含まれていた。

LG電子は、PCT出願が前年比67.6%増加し、世界の上位10社のうち、最も高い出願増加率を記録し、サムスン電子は’18年6位、’19年3位、’20年2位、3年連続で順位が上昇した。一方、LG化学の場合、PCT出願の減少で順位が3階段(11位→14位)下落した。
 

(表:企業別PCT出願状況=韓国特許庁)

 
ファーウェイは、世界第2位サムスン電子と4位LG電子、両社のPCT出願件数の合計に近い5,400件余りを昨年出願し、2017年から4年連続で、PCT出願世界1位を占めた。

PCT出願上位20の大学ランクでは、米国はカリフォルニア州立大学(1位)など6校、中国は深圳大学(3位)など9校、日本は東京大学(10位)など2校、韓国はソウル大(12位)、漢陽大(17位)、高麗大(19位)の3校が含まれていることが分かった。

ソウル(9→12位)と漢陽(14→17位)は、出願の増加にもかかわらず、それぞれ3階段下落しており、高麗大(22→19位)は、27%の出願の増加に支えられ、3階段上昇した。

加えて、延世大は125%の出願の増加により、順位が22位まで急上昇し、KAIST(韓国技術研究院)は出願の減少により、14階段下落の33位にとどまった。

これまで特許庁は、国際出願活性化のためのグローバルIPスター企業育成、中小企業IPスピードサポート、スタートアップの知的財産券、マザーファンド、知的財産控除など、さまざまな支援をしてきた。

今後、特許庁は、中小企業、大学・公共(研)などを対象に、WIPOと共同説明会を開催してPCT制度を積極的に推進する一方で、WIPOとの緊密な協力を通じて、韓国企業が、より便利にPCT制度を活用できる方案も推進する計画だ。

特許庁多国間機構チームのジョン・デスン課長は「今回の結果は、新型コロナウイルスによる景気低迷にもかかわらず、韓国企業がグローバル競争力強化のために、海外知的財産権を積極的に確保しているという点を示していて良い事例である」と述べ、「今後も特許庁は、私たちの会社が海外現地でのコア技術を知的財産権として保護することができるように、さまざまな支援政策を積極的に推進する計画だ」と明らかにした。
 
(参考記事:「米特許登録数 IBM1位、サムスン2位、LG3位、4位キャノン」)
(参考記事:「韓国LG化学、日本でも多くの特許資産保有…化学部門で2位に 住友や積水上回る」)
(参考記事:「韓国で有機EL素材の特許出願増加…出光興産がドーパントで2位も、韓国企業が圧倒」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない