韓国政府、ドローン物流実現のため本格準備へ

その他

韓国政府、ドローン物流実現のため本格準備へ

韓国政府が来年までドローン配送1000回を実証し、2023年までに物流ロボット4000台を普及するなど、非対面先端配送を早期に実用化すると。
 
(参考記事:「[特集]次世代産業の競争力…韓国には厳しい予想」)
 
また、人工知能(AI)融合型の流通修士・博士養成課程の新設などによって2026年までに流通専門人材を1200人以上育成する。

韓国政府は4日、ソウル庁舎において丁世均首相主宰で開かれた国政懸案点検調整会議でこのような内容を含む「デジタル流通の競争力強化策」を発表した。

過去10年の間に取引額が約6倍に増加するほど、韓国のオンライン流通市場が急速に成長しているうえに、最近コロナ19で、昨年のオンライン消費が130兆ウォンを超えるなど、流通環境が急変することにより流通産業のデジタル技術革新をリードして持続可能なオンライン小売の生態系を造成するための措置だ。

具体策は以下のとおりだ。

▶商品情報の標準データを2022年までに300万個以上構築する。これにより、在庫管理と配送技術革新、新サービスの開発などが加速することが期待される。

▶商品情報データと取引情報データ、天気‧地域などの異種データが連携された「流通データ活用プラットフォーム」を今年中に構築し、流通、物流関連企業であれば誰でも利用できるように公開する。これにより、新興企業と中小流通物流社などのデータとデータ分析サービスを提供し、データ活用サービス実証を支援サービスの開発と創業を促進するという計画だ。

▶多品種少量取引と高速配信を可能にする「フルフィルメント」を拡充します。フルフィルメントのオンライン取引に特化したデータに基づいた先端流通物流センターであり、商品の入荷 – オンライン注文 – パッケージ – 出庫 – 配送を一括処理するシステムだ。

▶2022年までにドローン配送総1000回を実証し、2023年までに物流ロボット4000台を普及するなど、非対面先端配送早期商用化を推進する。このため、島嶼、山間などの人口非密集地への地域物品配送ガイドラインと配送エリアの拡大のための制度を設け、お届けロボットによる配送なども可能にする。

▶流通データの短期集中コースの開設し、流通管理士資格試験の改編、人工知能の融合流通修士・博士養成課程の新設などを介して2026年までに流通専門人材を1200人以上育成する。

▶不正販売遮断システムをオンライン中心に拡大し、海外のリコールと直球製品などの監視活動を強化し、外国機関との業務協約を拡大する。

▶オンラインの公正かつ革新的なプラットフォームの生態系を構築するためのオンラインプラットフォーム工程法の制定を推進する。

▶不要な再梱包禁止などの制度整備、多使い捨て包装材の再利用モデル事業進捗状況、環境に配慮しパッケージデザインシステムとバイオプラスチックの開発‧普及などをサポートする。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない