韓国LGが米GMとEV電池バッテリーを追加で建設か

EV電池

韓国LGが米GMとEV電池バッテリーを追加で建設か

LGエナジーソリューション(旧LG化学電池事業部)とゼネラルモーターズ(GM)が、米国にバッテリー合弁工場を追加で設立する。
 
(参考記事:「LGとGMが次世代バッテリーを共同開発…GM戦略担当者が明かす」)
 
4日(現地時間)、米紙ウォールストリートジャーナルによると、LGエナジーソリューションとGMは、米テネシー州に電気自動車バッテリーセル工場を建設する案について協議している。 ただ、具体的な位置と規模はまだ決まっていない。

LGエナジーソリューションとGMは現在、米オハイオ州ローズタウンに23億ドル(約2兆7000億ウォン、約2492億円)を投資し計30GWh(ギガワット時)規模の電気自動車バッテリー工場を建てている。 オハイオ合弁工場は、2022年に本格的な稼動に入る。 テネシー工場の規模は、オハイオ州工場と同規模になるという。

LGエナジーソリューションはミシガン州でも2012年から独自のバッテリー工場を稼動させている。 規模は5GWhだ。 GM、フォード、クライスラーなどにバッテリーを供給している。

これに先立ちGMは2035年から電気自動車だけを生産すると宣言している。 2025年までに少なくとも30種類の電気自動車モデルを発売し、これを通じて米国市場に発売する自動車の40%ほどを電気自動車で埋める計画だ。
 
(参考記事:「GM「ボルトEV」火災に米で集団訴訟…電池供給の韓国LGに苦境」)
(参考記事:「GMとLG化学が米で世界最大規模EVバッテリー工場設立」)
(参考記事:「韓国政府「ヒュンダイEV車の火災原因は電池の製造不良」 供給社のLGは反発」)
 
(写真:GM CEO Mary Barra氏とLG化学CEOシンハクチョル氏=2019年12月/LG化学提供)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない