SKハイニクスが「18GM LPDDR5 DRAM」の量産発表

半導体

SKハイニクスが「18GM LPDDR5 DRAM」の量産発表

SKハイニクスは8日、業界最大容量の18GB(ギガバイト)LPDDR5モバイルDRAMを量産すると明らかにした。
 
(参考記事:「SKハイニクス、EUV露光機導入に4500億円投入…取締役会で議決」)
 
同製品は、最高仕様のスマートフォンに搭載され、高解像度のゲームや動画を再生するために最適の環境をサポートする。 SKハイニクスは今後超高性能カメラアプリ、人工知能(AI)などの最新技術に適用範囲がさらに広がると予想した。

SKハイニクスの関係者は、「16GBの製品よりも容量が大きくなり、データの一時記憶領域が拡大され、処理速度と画質が大幅に改善されるだろう」と明らかにした。

今回量産する製品は、既存のスマートフォンに搭載されたモバイルDRAM(LPDDR5、5500Mb / s)よりも約20%高速となる6400Mb / sで動作する。 6400Mb / sはFHD(Full-HD)級映画(5GB)10編を1秒で処理できる速度となる。

同製品を使用して、スマートフォンの企業が、以前の世代より一層優れた製品を開発できるとSKハイニクスは強調した。

SKハイニクスは、同製品について、グローバルIT企業であるASUSから発売予定のゲーミングスマートフォンである「ROG(Republic of Gamers)5 」に供給するため量産中であると明らかにしている。

市場調査機関であるオムディア(OMDIA)によると、LPDDR5 DRAMの需要が現在のモバイルDRAM市場全体の約10%を占めているが、先端機器の適用範囲がますます増えることに伴い毎年需要が増え、2023年には50%を超えると予想した。
 
(参考記事:「SKハイニクスがEUVライン備えた新工場を竣工…3300億円投じた巨大施設」)
(参考記事:「SKハイニクス、社員の間でボーナス額に不満高まる…サムスンの半分以下」)
(参考記事:「DRAM新規格「DDR5」の標準案が正式発表…DDR4比で容量4倍・速度2倍」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない