ポスコとSK、電気自動車の軽量化新素材開発でMOU締結

その他 研究開発

ポスコとSK、電気自動車の軽量化新素材開発でMOU締結

電気自動車などの将来のモビリティの核心となる軽量化新素材の開発のために、韓国製鉄大手のポスコ(POSCO)と、SKイノベーションの石油化学事業子会社であるSK総合化学が提携する。
 
(参考記事:「ヒュンダイ・SK・ポスコなどが共同で、韓国の水素インフラに4.2兆円投資」)
 
8日、両社は、ソウルで、車の軽量化複合材料の開発のための業務協約を締結したと発表した。今回の協約は、両社がグローバル電気自動車市場の拡大に係る車両用部品市場の変化に先制的に対応し、革新的な車両用素材の開発の必要性を共感したことで行われた。

ポスコのキム・ハクドン社長は「既存の鉄鋼ベースの車載素材だけでなく、プラスチックなどの他の素材との共同開発で未来エコカー時代に備えること」とし、「両社の長所を最大限にすることができるソリューションの発掘のためにSK総合化学の一層の協力する」と明らかにした。

ポスコとSK総合化学はそれぞれ保有しているプラスチック材料と鉄鋼材料の生産/加工技術を提供し、一般的な車両用部品と比較して、より軽く、堅い特性があるスチール – プラスチック複合材料を研究開発する。

特に、両社は電気自動車のバッテリーパック(Battery Pack)の生産に適用することができる複合材料、鉄鋼材料との密着性を最大化するプラスチック素材、自動車のフレームのように外部からの衝撃に耐える特性が大きな車両用部品素材などの研究開発を検討する計画である。

SK総合化学ナ・ギョンス社長は「化学・鉄鋼素材を生産/加工している両社間の相乗効果で未来の車の時代に合った車両用新素材の開発が急速に進むものと期待される」と述べ、「SK総合化学は車両用軽量化素材の開発分野を始めで、さらに多様な分野でポスコとの研究開発協力を強化する」と述べた。
 
(参考記事:「ポスコケミカル、正極材工場を拡張へ…262億円投じる」)
(参考記事:「韓国ポスコ、脱硫設備素材の国産化に成功」)
(参考記事:「SK総合化学、仏アルケマ社の高機能性ポリマー事業部買収」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない