韓国LG電子が中国TCLに勝訴…「LTE標準特許」の侵害めぐり

スマホ 通商・特許

韓国LG電子が中国TCLに勝訴…「LTE標準特許」の侵害めぐり

LG電子が中国のTCLを相手に提起した特許侵害禁止訴訟で勝訴した。
 
(参考記事:「米ITC、サムスンを特許侵害で調査…スマホやタブレットなど 「特許怪物」案件」)
 
LG電子によると、現地時間2日、ドイツのマンハイム(Mannheim)地裁は、LG電子が2019年11月にTCLを相手に提起した「LTE標準特許」侵害禁止訴訟において、LG電子に軍配を上げた。

今回の結果は、当時、LG電子が提起した計3件の特許侵害禁止訴訟のうちの1件についてであり、残りの2件については、それぞれ3月と5月に裁判が行われる。

今回の訴訟は、TCLが販売しているフィーチャーフォンとスマートフォンに適用されたいくつかの技術が、LG電子が保有している「LTE標準特許」を侵害したということが骨子だ。標準特許とは、関連製品の特定の機能を実装するために必須となる技術特許をいう。

LG電子は、今回の判決に基づき、TCLがLGのLTE通信標準特許を適用した携帯電話を、ドイツで販売できないようにする予定であるという。

LG電子は、継続的な研究開発を通じて、モバイル移動通信分野での標準特許を多く保有している。

米特許分析機関「テックアイピーエム(TechIPM)」によると、LG電子は4G(LTE / LTE-A)標準特許部門において、2012年から2016年まで5年連続で世界1位となっている。また独特許調査機関「アイピリティクス(IPlytics)」によると、今年2月末基準でLG電子は3700件の5G標準特許を保有しており、世界3位となっている。

LG電子の特許センター長であるジョ・フィジェ常務は「特許は不断の技術革新の成果であり、次世代の事業競争力の源」とし、「その特許の価値に相当する対価なしに無断使用することについては、持続・厳正に対処する」と強調した。
 
(参考記事:「サムスンとLG、米で半導体特許侵害で訴えられる…「特許怪物」案件」)
(参考記事:「韓国の「特許王」が日本企業などのLED特許侵害を示唆…台湾エピスターとは合弁解消」)
(参考記事:「[特集]韓国の国際特許出願数が世界4位に…ドイツを抜き日本に迫る」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない