ヒュンダイが「スタリア」のティーザーイメージ公開…プレミアム多目的車

その他

ヒュンダイが「スタリア」のティーザーイメージ公開…プレミアム多目的車

ヒュンダイ自動車がプレミアム多目的車両(MPV)市場の拡大に挑戦する。
 
(参考記事:「ヒュンダイ自動車、新SUV「コナN」デザインのティザー公開」)
 
ヒュンダイ自動車は11日、「スタリア」のティーザーイメージを公開した。 スタリアはスターレックスの後続モデルになる。

ヒュンダイ自動車は、「スタリアはオーダーメイド型移動手段(PBV、Purpose Built Vehicle)と最も類似した空間性を経験できる車種だ」と強調した。 これまで、スターレックスは一般商用車のイメージが強かったが、スターリアはプレミアムで差別化するという意味だ。

ヒュンダイ自動車は、スタリア(STARIA)」の車名について、星を意味する「STAR」と「波」を意味する「RIA」の合成語で、星の間を遊泳する宇宙船の外観からインスピレーションを受けたと説明した。

今回公開されたティーザー画像は高級モデルの「スターリアラウンジ」7人乗りだ。

スタリアは、高い全高と長い全幅、そして全長で空間感を極大化し、低いベルトラインによる室内開放感を拡大した。

前面部は、大きくて広いラジエーターグリルと車体を横切る薄くて長い昼間走行ランプなどが印象的だ。

ヒュンダイ自動車は、スタリアの室内空間について、クルーズのラウンジからインスピレーションを得たと伝えた。

簡潔さと開放感に優れた運転席と助手席を含め、スタリアの室内空間は「インサイドアウト(Inside-Out)」デザインが適用され、乗客の利便性と使用性を極大化したという。

イ·サンヨプ=ヒュンダイデザイン担当専務は、「スタリアは新しいモビリティ時代を切り開く初のMPVだ」とし、「差別化されたデザインを通じて顧客に新しい経験と価値を提供する」と述べた。
 
(参考記事:「テスラ1位、VW2位、GM3位、ヒュンダイ4位 昨年世界EV販売数」)
(参考記事:「韓国の双竜自動車が日本で販売?「ヒュンダイも撤退したのに…」 韓国紙が関心」)
(参考記事:「ヒュンダイ、自動車用SWプラットフォーム国産化推進…系列社や他社間提携など通じ」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない