サムスンディスプレイ、ASUSログフォンに6.78インチOLED供給

ディスプレイ

サムスンディスプレイ、ASUSログフォンに6.78インチOLED供給

サムスンディスプレイが高精細のゲームに特化した有機発光ダイオード(OLED)ディスプレイを本格リリースする。
 
(参考記事:「サムスンディスプレイ、中国スマホメーカーに折り畳みディスプレイを供給へ」)
 
16日、サムスンディスプレイによると、ASUSはゲーミングスマートフォン「ログフォン5」(ROG Phone5)に6.78インチOLEDを適用する。サムスンディスプレイが供給する同OLEDはリフレッシュレート120㎐以上をサポートする。リフレッシュレートは、1秒にディスプレイに表示されるフレームの数を表現した数値で、リフレッシュレートが高いほどダイナミックな画面がスムーズに表現される。ゲームは、画面の切り替えが速く、高いリフレッシュレートがゲーム画面の性能尺度とされる。

ブライアン・ウィンドウASUSスマートフォンビジネス部門本部長は「今回発売したログフォン5は、消費者に差別化されたゲーム体験を提供するために、最高の仕様のハードウェアにふさわしいサムスンの最新ゲームOLEDを搭載した」とし「速い応答速度に高リフレッシュレートをサポートしているサムスンの最新OLEDがゲーム情報技術(IT)機器の新しいトレンドになると期待している」と述べた。

イ・ホジュン=サムスンディスプレイ中小型商品企画チーム長は「OLEDは速い応答速度と低ブルーライトなどのゲームコンテンツを楽しむのに適した画質的特性を持っている」とし「特にサムスンゲームOLEDは、スマートフォンで消費電力と画質の両方を満足させる可変レート(アダプティブ周波数)技術などした段階進化したゲーム体験を消費者にプレゼントする予定だ」と伝えた。
 
(参考記事:「サムスンディスプレイ、90HzのノートPC用OLED量産発表…3月から」)
(参考記事:「サムスンディスプレイ、新代表にQDディスプレイ開発担当者が就任」)
(参考記事:「サムスンDの有機ELがアップグレード…高走査率とタッチ技術」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない