韓国SKと中国ジーリーが共同ファンド設立…自律走行分野などに積極投資へ

その他

韓国SKと中国ジーリーが共同ファンド設立…自律走行分野などに積極投資へ

SKグループの投資専門企業である「SK㈱」(代表取締役チャン・ドンヒョン)が、中国1位の民営自動車企業のジーリー自動車グループ(吉利控股集団/Zhejiang Geely Holding Group)と共同でファンドを造成し、グローバルイノベーションモビリティ企業の投資に乗り出す。
 
(参考記事:「韓国SKと米プラグパワー、アジア地域の水素事業を本格推進へ…両幹部が式典参加」)
 
ジーリー自動車グループは、中国内の自動車生産・販売のほか、スウェーデンのボルボ、電気自動車専門スタートアップのポールスター、イギリス高性能車ロータスなどを保有している世界的な自動車企業である。

SK㈱は18日、SK㈱のチャン・ドンヒョン社長とジーリー自動車グループのダニエル・リー(Daniel Li∙李东辉)CEOなど、両社の経営陣が参加したなか、「ニューモビリティファンド(New Mobility Fund)」設立を祝うオンライン投資式典を開催した明らかにした。

ニューモビリティファンドの総設定規模は3億ドル(約327億円)で、SK㈱とジーリー自動車グループが中核出資者となり、各3000万ドル(約33億円)を出資し、欧州系銀行、アジア地域の年金基金をはじめ、さまざまなグローバル投資家を出資者として誘致していく予定である。ニューモビリティファンドは、今後、自律走行、コネクテッドカーなど自動車産業の重要な分野として挙げられるの接続(Connected)、自律(Autonomous)、共有(Shared)、電動化(Electric)、すなわちCASE領域の有望企業を先制的に発掘して投資を行う方針だ。

ファンドの運用は、マッコーリー、モルガン・スタンレーなどのグローバル投資銀行で20年以上の経験を積んだベテランのファンドマネージャーが務める。 SK㈱がグローバル投資業界で培ってきた投資能力と、多数の完成車ブランドをグローバル市場で成功させたジーリー自動車グループの能力が結合され、ファンドの成功の投資を導くことと期待を集めている。

SK㈱チャン・ドンヒョン社長は、「SKとジーリー自動車グループは、環境にやさしい事業のビジョンとグローバル市場で急速にプレゼンスを強化してきた成長DNAなど、共通のビジョンと戦略を持っている」とし、「両社が持つ固有の利点に基づいて協力していけば、より大きな成果を出すことができると考えており、ニューモビリティ分野で強固な地位を確立することができるものと期待している」と述べた。

ジーリー自動車グループのダニエル・リー(Daniel Li∙李东辉)CEOは、「ジーリー自動車グループとSKが共に造成したニューモビリティファンドを通じて、グローバル市場の様々な将来の課題と機会を両社が一緒に発掘し、意味のある成果を出すことができるものと期待する」と答えた。

先端素材∙グリーン(Green)・バイオ(Bio)・デジタル(Digital)など4大核心事業を中心に「投資専門会社」へと進化を加速しているSK㈱は、ニューモビリティファンド組成により投資会社としての存在感がより大きくなると期待している。

SK㈱とジーリー自動車グループは、ニューモビリティファンドの共同運用に加えて、水素燃料、バッテリーと関連素材生態系、半導体と自律走行技術など次世代モビリティ事業分野で多角的な協力を推進することに合意した。業界では、SKが保有しているバッテリー(素材)∙モビリティサービス∙通信事業の優れた能力とジーリー自動車グループが自動車製造やグローバル投資での強みが一団となって相乗効果が大きいものと分析している。

SK㈱関係者は、「SK㈱は未来の車素材の市場と環境にやさしいエネルギー市場の先取りのために素早い投資を継続しており、ジーリー自動車グループと多方面での協力が可能であること」とし「ニューモビリティファンドを通じて有望企業を育成してグローバル環境に優しい、デジタルモビリティ事業の普及を早めるために貢献したい」と述べた。
 
(参考記事:「韓国SKグループがEV用半導体市場への進出を発表…SiCパワー半導体企業を買収」)
(参考記事:「韓国SKグループが米大手水素企業「プラグパワー」の最大株主に…1500億円投資」)
(参考記事:「SKグループがキャッシュ確保を急ぐ…不確実性や買収に備え」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない