韓国で自動車・半導体業界団体がMOU締結…自動車用半導体生産拡大などで

半導体

韓国で自動車・半導体業界団体がMOU締結…自動車用半導体生産拡大などで

韓国自動車協会と韓国半導体協会は17日、ソウルの自動車会館で車両用半導体国内生産拡大のための了解覚書(MOU)を締結し、相互協力することした。
 
(参考記事:「「韓国政府は台湾に自動車用半導体の増産協力を要請すべき」関連団体が提言」)
 
これにより、自動車協会と半導体協会は▲車両の半導体生産基盤の増設や企業間の共同技術開発▲プロトタイプ共同評価と認証のサポート▲両業界間の協力モデルの発掘などを推進する。このため、定期的にセミナーなどを開いて車両の半導体需要企業と供給企業間の連携と協力を強化する計画だ。

両業界はまた、10社以上の企業が参加した中、各メーカーが保有している優れた技術や製品について試演し、関連ビジネス情報を交換する企業交流会も開催した。

イベントに参加したバク・ジンギュ産業通商資源部次官は、「自動車半導体需給の問題が世界的に自動車業界を席巻している状況で、両業界が車半導体自立化のために協力することにしたのは非常にタイムリーで意味のあること」とし、「政府は企業の連帯と協力活動を後押しして、未来の車の核心である車両用半導体の育成を積極的に支援する」と述べた。
 
(参考記事:「ヒュンダイも生産調整か…車両用半導体の不足受け GMコリアは稼働50%減」)
(参考記事:「サムスンがルネサスを買収か…11兆円の現金資産活用」)
(参考記事:「車両用半導体不足でSMICに恩恵か…韓国紙報じる」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない