サムスンがNTTドコモと5G移動通信機器供給契約を締結

その他

サムスンがNTTドコモと5G移動通信機器供給契約を締結

サムスン電子は23日、日本最大移動通信事業者であるNTTドコモ(NTT DOCOMO)と5G移動通信機器の供給契約を締結したと発表した。
 
(参考記事:「サムスン「KDDIと5G関連技術の共同検証に成功」と発表…国際標準規格を提案へ」)
 
サムスン電子がNTTドコモに移動通信機器を直接供給するのは今回が初めてだ。

サムスン電子は、NTTドコモの5G商用網構築に必要な基地局(RU、Radio Unit)を供給し、迅速な5Gネットワークの構築を支援する計画であると説明した。

サムスン電子のプレスリリースによると、NTTドコモ無線アクセスネットワーク開発部(Radio Access Network Development Department)の安部田貞行部長は、「移動通信の分野をリードする事業者としてNTTドコモは、お客様に、より革新的でエキサイティングな経験を提供し、社会の懸案を解決するための最高のサービスの提供を目指している」とし、「サムスン電子と5G分野の協力を通じて、<光の速度と同じ5G(Lightning Speed 5G)>を全国に拡大していく」と述べた。

サムスン電子日本法人ネットワーク事業統括の岩男恵常務は、「NTTドコモの5G革新加速に貢献するために最善を尽くした」とし「業界最高水準の技術力を基に、最適なネットワークソリューションを提供し、継続的に世界中移動通信市場でのプレゼンスを拡大していくだろう」と述べた。

NTTドコモは、2020年12月現在、約8千2百万人の加入者を保有しており、過去2020年3月から5G移動通信の商用サービスを提供している。
 
(参考記事:「サムスン電子、インド最大通信事業者に4G基地局装置供給か」)
(参考記事:「サムスンがNZキャリアと5G機器の供給契約。ファーウェイ制す」)
(参考記事:「サムスン電子、5G-4G二重通信技術で世界最高ダウンロード速度達成」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない