SKイノベーションが電池事業を分社化か

EV電池 企業

SKイノベーションが電池事業を分社化か

SKイノベーションがバッテリー事業を分社化し、100%子会社にする推進するとの報道が出ている。

23日、ヘラルド経済紙は、「SKグループは、今年の初めCEO会議を通じてSKイノベーションのバッテリー事業の分社方法を物的分割にすることで確定した」とし、「今年上半期理事会議題に上程するためSKイノベーション理事にこのような内容が共有されたことが分かった」と報じた。

続けて、「SKイノベーションはLGエナジーソリューションとの訴訟戦はまだ輪郭があらわれず、近いうちに開かれる理事会議題に上げるには難しいと判断し、今年の下半期に推進時期を延期したと伝えられた」とし、「訴訟問題が一段落すれば分社化推進速度を出す計画だ」と伝えた。

 
(参考記事:「SKイノベーション、ハンガリーに3件目となるEV電池工場を建設…1200億円出資」)
(参考記事:「韓国EV電池二社の株価が急落…フォルクスワーゲンの取引中断受け」)
(参考記事:「米貿易委員会がLGに軍配、SKとのEV電池訴訟戦…バイデン大統領は拒否権行使も」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない