米ジョージア州議会、LGとSKに和解促す決議案を採択

EV電池

米ジョージア州議会、LGとSKに和解促す決議案を採択

米国ジョージア州議会がLGエナジーソリューションとSKイノベーションのバッテリー紛争解決について、当初はジョーバイデン大統領の拒否権行使を強く要求していたが、両社の合意を促す内容を盛り込んだ決議案を最終採択した。

24日外信などによると、ジョージア州の上院は23日(現地時間)LGエナジーソリューションとSKイノベーションが交渉を通じて合意することを促す決議案を全会一致で可決した。電気自動車のバッテリーの生産とサプライチェーンの米国の競争力と雇用維持のために現地工場の閉鎖だけ防がなければならないという主張だ。

当初、上院は、バイデン大統領が拒否権を発動して、米国国際貿易委員会(ITC)の判決を覆す内容の決議案を上程したが、両社の合意を促す方向に修正した。上院内の民主党議員による要請があったと伝えられる。

ジョージア州議会での決議に法的拘束力はないが、世論形成などで影響力を及ぼす見通しだ。

ITCは先月、SKイノベーションがLGエナジーソリューションの営業秘密を侵害したとし、バッテリー関連製品の10年間の輸入禁止命令を下した。
 
(参考記事:「米貿易委員会がLGに軍配、SKとのEV電池訴訟戦…バイデン大統領は拒否権行使も」)
(参考記事:「韓国企業同士のEV電池訴訟戦、バイデン大統領に米ジョージア州知事が拒否権行使を要請」)
(参考記事:「SKイノ、米ジョージア州にさらに大型の投資へ、EVバッテリー工場」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない