SKイノベーションが前米法務長官代行を顧問に…バイデン大統領に拒否権働きかけ

EV電池 通商・特許

SKイノベーションが前米法務長官代行を顧問に…バイデン大統領に拒否権働きかけ

SKイノベーションがサリー・イェーツ前法務部長官代行を公共政策顧問として迎え入れた。米政府省庁と縁がある人を活用してLGエネルギーソリューションとの訴訟で反転を模索しようとする動きとみられる。

韓国メディアなどによると、SKイノベーションはイェーツ前代行を公共政策顧問として選定した。

イェーツ前代行は、米国連邦検査補佐官、連邦検事、務次官を務めた後、2017年1月から司法長官代行を務めた。現在は米国の法律事務所King&Spaldingの弁護士である。

SKイノベーションはイェーツ前代行を通じて、法律アドバイスを務め、米国政府に対するSKイノベーション側の窓口となる可能性が高い。

イェーツ前代行は、米国アトランタ地域メディアのAJCとのインタビューで「バイデンの4つの主要な政策目標を妨害するため、ITCの判決を拒否しなければならない」と主張した。彼は「ジョージアの約2600の雇用創出を脅かし電気自動車の普及を通じた気候変動への対応を阻害する」とし「電気自動車バッテリー市場では、中国に遅れ、最終的に米国の国家安全保障の利益を危うくする」と強調した。

先に米ITCはSKイノベーションに対し、LGエナジーソリューションの営業秘密を侵害したとしてバッテリー関連部材などの輸入を禁じる判決を出しているが、バイデン大統領が拒否権を行使すれば、これを覆せる。拒否権行使の期限は来月10日である。バイデン大統領が判決を承認し、両社が合意できなければ判決に効力が発生する。
 
(参考記事:「米貿易委員会がLGに軍配、SKとのEV電池訴訟戦…バイデン大統領は拒否権行使も」)
(参考記事:「フォルクスワーゲンが韓国二社とのEV電池取引を打ち切りか…特許紛争に嫌気?」)
(参考記事:「SKイノベーションが電池事業を分社化か」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない