サムスンディスプレイ、低電力OLEDを中国オッポなどに供給

ディスプレイ

サムスンディスプレイ、低電力OLEDを中国オッポなどに供給

サムスンディスプレイが、昨年業界初披露した低電力OLED駆動技術である「適応型周波数(Adaptive Frequency:可変リフレッシュレート)」をグローバル顧客社に拡大供給したことが分かった。

サムスンディスプレイは23日、中国最大のスマートフォン製造会社であるオッポ(OPPO)のフラグシップラインナップ「Find X3」シリーズに「適応型周波数」パネルを供給したと明らかにした。オッポは中国のスマートフォン製造会社の中で初めて可変リフレッシュレート技術を搭載し、これにより全体のパネル消費電力が従来比46%まで下がったという。

低電力OLED技術である「適応型周波数」は、消費者の使用環境に合わせてディスプレイのリフレッシュレート1)を自動で調節し全体消費電力を最小化するパネル技術だ。例えば、速い画面転換が必要なモバイルゲームには120Hz、映画は60Hz、メールは30Hz、停止画像の鑑賞などには10Hz以下に可変リフレッシュレートを適用し、パネル駆動電力を大きく改善することができる。

サムスンディスプレイはオッポの他にもアメリカや新興市場において人気を集めているワンプラス(Oneplus)の新製品「Oneplus 9Pro」にも6.7型の「適応型周波数」パネルを供給した。

ワンプラスのオリバー・ジャン商品チーム長は、「ワンプラスはサムスンディスプレイの革新的な低電力OLED技術により、消費者により合理的で進化した使用経験を提供できると期待している」と明らかにした。

サムスンディスプレイは現在、オッポ、ワンプラスの他にも様々なグローバル顧客社と低電力OLED技術開発を協議中で、素材や部品など多方面に渡り低電力技術の最適化を進めている。

サムスンディスプレイ関係者は「サムスンディスプレイは今までOLEDパネルの画質やデザイン革新に集中していたとすれば、これからは先導的に低電力パネル技術の開発をリードし、消費者の究極的な使用利便性の改善に寄与するだろう」と明らかにした。

[用語説明]
1) リフレッシュレートはディスプレイが1秒に表示する画面(フレーム)の枚数を意味する。120Hzは1秒間で120回フレームが変わることを意味し、リフレッシュレートが高いほど鮮明で自然な画像や映像を表現できる。
 
(参考記事:「[特集]サムスンDが開発した低消費電力OLED技術「適応型周波数」とは」)
(参考記事:「米国人7割「リフレッシュレート劣ってもLCDよりOLEDが良い」」)
(参考記事:「サムスンディスプレイ、ASUSログフォンに6.78インチOLED供給」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない