サムスン、インドでSMS通信法違反…猶予期間過ぎれば制裁へ

通商・特許

サムスン、インドでSMS通信法違反…猶予期間過ぎれば制裁へ

サムスン電子が、インドのテキストメッセージ(SMS)の規定に違反して制裁を受けることになった。
 
(参考記事:「サムスンが米で「特許怪物」に敗訴…有機ELパネル無断盗用で賠償判決」)
 
29日、韓国メディアなどによると、インドの通信規制委員会(TRAI)は去る26日(現地時間)、スパムメッセージをブロックするための当局のSMS関連規制基準である「テレコム商業通信顧客優先の規定(Telecom Commercial Communication Customer Preference Regulations、TCCPR) 」を満たしていない企業のリストを発表した。

TRAIは「消費者に大量のメッセージを送信するすべての機関に直ちに規制要件を満たすように要請した規制を遵守するに十分な時間を提供した」とし「しかし、企業が無関心で一貫しコンプライアンスも深刻に思わなかった」と指摘した。

今月末までに猶予期間を設けており、それまでに基準を満たしていなければ、来月1日から制裁対象の企業名が言及されたメッセージは、送受信が禁止される。

2018年公開されたTCCPRはブラックチェーン技術を活用して迷惑電話とメッセージをブロックする規定である。去る8日から発効した。すべての商業バルクのSMSの送信者は、固有のSMSヘッダID、ユーザーの同意などをブロックチェーンベースのプラットフォームに登録する必要がある。プラットフォームを通じたフィルタリングを通過しない場合、メッセージは送信されない。

今回、サムスン電子のほかインディアステート銀行(SBI)、HDFC銀行、パンジャブ国立銀行など40カ所が規定に違反したとしてリストに含まれた。
 
(参考記事:「サムスンのJOLED提訴、米ITCが調査へ」)
(参考記事:「サムスン電子、インド最大通信事業者に4G基地局装置供給か」)
(参考記事:「サムスンがNTTドコモと5G移動通信機器供給契約を締結」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない