ヒュンダイの高級車が中国本格進出…上海でドローン3500台の記念イベント

その他

ヒュンダイの高級車が中国本格進出…上海でドローン3500台の記念イベント

ヒュンダイ自動車は、自社の高級モデル「ジェネシス」の中国本格進出について明らかにした。
 
(参考記事:「タイガー・ウッズが交通事故で重傷…ヒュンダイ車の性能に米各紙が注目」)
 
同社は2日に、中国・上海国際クルーズターミナルにおいて「ジェネシスブランドナイト(Genesis Brand Night)」を開催し、中国の高級車市場を狙ったブランドローンチを行った。

同社は、最近急成長している中国高級車市場の主要顧客である若い世代を攻略し、グローバル高級車ブランドとしての地位を強化する一方で、世界有数のブランドと高級車市場で堂々と競争するためのものであると強調した。

中国現地の主要関係者とメディアを対象に開催されたこの日のイベントには、ジェネシス中国法人長マーカス・ヘンネ(Markus Henne)の主催で、ジェネシスブランドのチャン・ジェフン社長の祝辞と、ジェネシスデザイン担当のイ・サンヨプ専務によるデザイン説明などが映像で紹介された。現場にはG80、GV80などの実車も展示された。

チャン・ジェフン社長は、「今日はジェネシスの大胆な旅が新たに開始される日」とし、「差別化された価値を中国の顧客に高級ブランドジェネシスを紹介することができてうれしい」と語った。

ジェネシス中国法人長のマーカス・ヘンネは、「高級車ブランドとして米国、カナダ、オーストラリア、ロシア、中東などでジェネシスの認知度が高まった」とし、「中国のローンチがジェネシスブランドの拡張において特別の章になるだろう」と述べた。

イベントでは、合計3500台のドローンを上海上空に浮かべ、ブランドロゴ、車両、デザインの方向性を立体的に演出したローンチ記念行事も用意した。

今後ジェネシスは、「ダイナミックな優雅さ」に代表されるジェネシスのデザイン哲学などをもとに、中国の顧客にアプローチしていく計画だ。

まず大型高級セダンG80と大型スポーツ多目的車(SUV)GV80などのブランドの代表モデルを前面に出し、中国高級車市場を攻略するという。

また、「ジェネシス単一価格政策(Genesis One Price Promise)」によって、中国全土のすべての購入チャンネルで同じ価格で車を販売する予定である。

ジェネシスは、2015年に独立ブランドとして発足した後、米国、カナダ、ロシア、中東、オーストラリアに進出するなど、高級車市場での地歩を固めている。
 
(参考記事:「ヒュンダイと起亜、3月の米販売量が史上最高に…SUV好調」)
(参考記事:「ヒュンダイ車、カナダで再び集団訴訟…他国市場にも波及可能性」)
(参考記事:「ヒュンダイ、3月の売上急増も今月は工場停止と減産へ…半導体とモーターに問題」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない