サムスンの1~3月営業利益が前年同期比で約45%増加(暫定)

企業

サムスンの1~3月営業利益が前年同期比で約45%増加(暫定)

サムスン電子は7日、第1四半期(1〜3月)の暫定実績を発表した。それによると、営業利益は9兆3000億ウォン(約9134億円)であり、昨年の同じ期間より44.19%増加したことが分かった。
 
(参考記事:「サムスンがNTTドコモと5G移動通信機器供給契約を締結」)
 
売上は17.48%増の65兆ウォン(約6.4兆円)を記録した。営業利益は市場コンセンサスを大きく上回り、売上高は過去最大を記録した昨年の第3四半期(66兆9600億ウォン)に迫るものだった。

サムスン電子はこの日、部門別成績表は開示していないが、証券社などによると、TV・家電などのセット部門とスマートフォン事業が好実績を牽引したものと推定されている。モバイル(IM)事業の営業利益は4兆ウォン(約3900億円)を超えたとの推定もある。
 
(参考記事:「サムスンの「Galaxy S21」の販売数が100万台突破…前作より好ペース」)
(参考記事:「韓国企業がArFフォトレジストを国産化…サムスンに供給開始」)
(参考記事:「サムスンのJOLED提訴、米ITCが調査へ」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない