韓国が次期スパコンを早期導入か…「富岳に完敗」で批判噴出 1秒100京回演算機を検討

研究開発

韓国が次期スパコンを早期導入か…「富岳に完敗」で批判噴出 1秒100京回演算機を検討

韓国がスーパーコンピュータ6号機(スパコン6号機)の導入準備を本格化することが分かった。2023年の導入を目標に進める。前回よりも導入スピードが速まっており、スパコン世界一となった日本の富岳と性能差が広がっていることや、それに対する批判に対応した可能性がある。
 
(参考記事:「スパコンで日本に完敗し政府批判噴出の韓国、今度は期待論浮上…英ARM技術協力で」)
 
韓国の専門紙etnewsは7日、韓国科学技術情報研究院(KISTI)がスパコン6号機導入への準備を加速するとし、今年の夏までにスパコン6号機の需要調査と意見収集公聴会などを行い、遅くとも11月にはスパコン6号機導入の最終報告書を出すと報じた。

同紙によると、KISTIのスパコン6号機は、1秒に100京回の演算(1exa Flops)が可能なエクサスケール、または少し劣るプレエクサスケールスパコンを念頭に置いているとされる。現在運用中のスパコン5号機(ヌリオン)は1秒に2京5700兆回の演算が可能だ。

Etnewsによると、KISTIは加速器を大幅活用、相対的に狭い物理空間を活用しつつも性能は飛躍的に高める「ヘテロコンピューティング」方法論の適用も考えているという。これらにより大規模な計算およびデータ基盤の研究を進められるようにするという事前構想だ。

ヌリオンは2018年に稼働したが、これは4号機以来10年振りのことだった。今回(6号機)はそのタイムラグを大幅に縮小しようとしており、スパコンのアップデートに対するKISTI側の真剣度が伺える。KISTIは、政府との協議を必要とされる予備妥当性調査の免除などを要請することで、導入までの時間を早めたい考えのようだ。

日本の富岳がスパコン世界1位に浮上するなか、韓国のスパコンは逆にランクを下げていた(17位→21位)ことから、韓国メディアでは「スパコン完敗」に対し政府批判などが噴出していた。
 
(参考記事:「スパコン日本1位、韓国21位に「政府指導層は克日、AI強国を叫ぶが実状は正反対」韓国紙」)
(参考記事:「「日本の《富岳》はサムスンのスパコン用DRAM搭載」と韓国紙報じる」)
(参考記事:「韓国のR&D総額が世界5位の水準に(約8.5兆円)…GDP比では2位」)
 
(写真:iStock)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない