画像センサー市場、ソニーとサムスンのシェア差が縮小 58%→17%

イメージセンサ

画像センサー市場、ソニーとサムスンのシェア差が縮小 58%→17%

サムスン電子がスマートフォンのイメージセンサー市場でソニーを猛追している。
 
(参考記事:「ソニー・コリアが韓国の自律走行企業とMOU締結…イメージセンサー活用など」)
 
GSMArenaは7日(現地時間)、市場調査機関ストラテジーアナリティックス(SA)の報告書を引用し、昨年のグローバルスマートフォンのイメージセンサー市場でソニーが1位、サムスンが2位を占めたと報じた。

昨年の市場規模は、新型コロナウイルスの余波にもかかわらず、前年比14%増の150億ドル規模と推算された。スマートフォンの出荷台数が8.8%減少したのとは対照的である。
 

(図:GSMArenaの当該記事キャプション)

 
メーカー別では、1位のソニーの市場シェアは46%を記録した。続いて、サムスンが29%、Omnivisionが10%の順だった。ソニーとサムスンの格差は2018年58%ポイントから17%ポイントまで縮小した。

特にSAは、今後、スマートフォンイメージセンサー市場で、サムスン電子の追撃がより強まるとの見方を示した。ソニーの主要顧客の一つであるファーウェイが米国政府の制裁を受けた影響でスマートフォンの出荷台数が急減している。

一台のスマートフォンに複数のカメラが搭載される流れが定着したなか、スマートフォンのイメージセンサーの需要は新型コロナウイルス下でも伸びている。ただしSAは最近の世界的な半導体不足の混乱が悪影響を及ぼす可能性も指摘した。
 
(参考記事:「サムスンのイメージセンサー、シャオミの「Mi 11 Ultra」等に搭載」)
(参考記事:「サムスンがイメージセンサー新製品「ISOCELL GN2」を発売…業界初の「ピクセル斜め分割」適用」)
(参考記事:「サムスンが1億800万画素イメージセンサー「アイソセルHM3」を発売」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない