SK系列社、中国常州の第二工場稼働開始…中国だけで5.1億円㎡の生産能力に

EV電池

SK系列社、中国常州の第二工場稼働開始…中国だけで5.1億円㎡の生産能力に

SKイノベーションの素材事業子会社であるSKアイテクノロジー(以下SKIET)は最近、中国江蘇省常州にある分離膜(LiBS; Lithium-ion Battery Separator)第2工場で商業生産を開始したと13日、明らかにした。

SKIETは昨年11月に商業運転を開始した中国の常州第1工場に続き、5ヶ月ぶりに常州第2工場の稼動を開始する。

SKIETは第2工場の総生産能力3.4億㎡のうち1.7億㎡を部分稼働させながら、既存の第1工場の生産能力である3.4億㎡を含め、中国だけで5.1億㎡の生産能力を備えることになった。これは、毎年、大容量の電気自動車約50万台に必要な分離膜を生成することができるレベルである。 第2工場の残りの生産ラインは、来年の第1四半期(1~3月)の稼働を目指し順調に生産を準備している。

今回の常州第2工場の稼動により、SKIETが韓国、ポーランド、中国などで確保した生産能力は10.4億㎡に達する。年間で電気自動車100万台分に相当する分離膜の生産規模だ。 2024年の生産能力は27.3億㎡となる見込みだ。

中国の電気自動車市場は世界最大であり、市場の約半分近くを占めている。

市場調査機関SNEリサーチによると、SKIETは昨年、「ティア1(Tier1)」湿式分離膜市場でシェア26.5%を占め世界1位を占めた。ティア1はテスラ、フォルクスワーゲン、ルノー日産、トヨタ、ヒュンダイ・起亜自動車など、電気自動車市場をリードする自動車メーカーをいう。ティア1分離膜市場は、これらの企業に供給される市場である。 SKIETをはじめ、日本の旭化成、東レなどの高品質膜を生成することができる企業だけで構成される。

SKアイテクノロジーのノ・ジェソク社長は、「性能と安全性の両方を備えたプレミアム分離膜を供給し、全世界の電気自動車市場が急速に成長できるように貢献する一方で、独自に市場をリードする体制を構築するために、生産能力と技術力を持続して高めていくこと」と強調した。
 
(参考記事:「韓国SKアイテクノロジー、中国のEV電池用分離膜工場を本格稼働開始…業界1位目指す」)
(参考記事:「SKアイテクノロジー、CPIカバーウインドウの商業生産発表」)
(参考記事:「電池分離膜大手・韓国SKIETが5月に上場 企業価値は最大7.5兆」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない