LG化学が韓国のCNT工場を本格稼働…単一ラインでは世界最大規模

その他

LG化学が韓国のCNT工場を本格稼働…単一ラインでは世界最大規模

LG化学が韓国最大規模のCNT(Carbon Nanotube、カーボンナノチューブ)工場を本格稼働させた。正極材などの電気自動車のバッテリー素材を中心に急成長中のCNTの市場を積極的に攻略する狙いだ。

LG化学は14日、麗水(ヨス)CNT 2工場が1,200トン増設工事を終え商業運転に入ったと述べた。 LG化学は、従来の500トンと合わせ、合計1,700トンの生産能力を確保することになった。

CNTは、電気と熱伝導率が銅とダイヤモンドと同じであり、強度は鉄鋼の100倍に達する次世代新素材である。既存の素材を越える優れた特性に、バッテリー、半導体、自動車部品、面状発熱体など活用範囲が無限である。

今回完成したLG化学CNT 2工場は、独自に開発した流動層反応器を適用して、単一のライン基準としては世界最大規模で建設され、全工程の自動化を通じた安定した品質管理と工程革新的従来比電力使用量を30%削減したが特徴である。

この工場で生産されているCNTは、現在のグローバル電気自動車バッテリー市場をリードしているLGエナジーソリューションなどのバッテリーメーカーに正極導電材(導電材:Conductive Additive)用途に供給される予定であり、様々な産業分野での供給を拡大していく計画ある。

正極導電材は、電気・電子の流れを助ける素材で、リチウムイオン電池全般の添加剤として使われ、特にニッケルコバルトマンガンなどの活物質で構成され、正極材内でのリチウムイオンの伝導度(Conductivity)を高め充放電効率を増加させる役割をする。

CNTを正極導電材として使用すると、従来のカーボンブラックに比べて約10%以上の高い導電率を実装導電材の使用量を約30%削減することができる。また、導電材を減らすだけ正極材をより満たすことができ、電池の容量と寿命も大幅に増やすことができる。

LG化学はCNT市場の継続的な成長に合わせて年内3工場増設に着手するなど、今後の生産能力を持続的に拡大していく計画である。

韓国メディアなどによると、世界のCNT需要は昨年5000トン規模で2024年には20,000トン規模へと年平均約40%以上の爆発的な成長を記録すると予想されている。
 
(参考記事:「LG化学が中国でエコ素材を売り込み…「チャイナプラス2021」に大規模ブース」)
(参考記事:「「LG化学は1~3月に史上最大の4半期利益を記録」韓国証券社」)
(参考記事:「韓国LG化学、日本でも多くの特許資産保有…化学部門で2位に 住友や積水上回る」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない