ポルシェコリアが好調、昨年売上が1兆ウォン超え

その他

ポルシェコリアが好調、昨年売上が1兆ウォン超え

ドイツのポルシェが韓国で史上初めて売上高1兆ウォン(約970億円)を突破した。

ポルシェコリアが韓国金融監督院に提出した2020監査報告書によると、ポルシェの昨年の売上高は1兆109億ウォンを記録した。

これは前年度の4,841億ウォンから2倍以上の増加となり、売上高1兆ウォンを超えたのは、2014年のポルシェコリア発足後初めてだ。ポルシェコリアは昨年、韓国市場で前年比85%増の7,779台を販売した。

昨年の営業利益は前年比37.8%増の386億ウォン(約37億円)、当期純利益は約倍増となる238億ウォン(約23億円)をそれぞれ記録した。

販売管理費は前年比15%減の273億ウォン、広告宣伝費は21%減の91億ウォンをそれぞれ支出した。

一方、ポルシェ本社は昨年に売上高が前年比0.7%増の287億ユーロで、年間営業利益が42億ユーロと、前年度の39億ユーロ(5兆2,469億ウォン)より7.7%増加した。

ポルシェの昨年の新車販売台数は27万2,162台で、前年比3%減少し、10年ぶりに前年度実績を下回った。
 
(参考記事:「「タイカンはモデルSよりコスパが悪い?」韓国でポルシェEVが不評の理由」)
(参考記事:「LG化学のEV電池、ポルシェやアウディに全量供給できず。」)
(参考記事:「韓国当局、ヒュンダイ役員12人の「アップルカー疑惑」調査へ…株売買で利益」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない