文大統領「半導体強国への跳躍を強力に支援する」「EV電池は第2の半導体」 拡大戦略会議で発言

半導体

文大統領「半導体強国への跳躍を強力に支援する」「EV電池は第2の半導体」 拡大戦略会議で発言

ムン・ジェイン大統領は15日、韓国の半導体産業が世界1位の座を守り、競争力を広げるための支援策を用意すると発表した。バッテリー業界に対しては「第2の半導体」と位置づけ、グローバル市場の主導権確保に総合対策を立てると述べた。
 
(参考記事:「「韓国政府は自国半導体企業の中国への売却を防げ!」大統領府に請願が殺到」)
 
ムン・ジェイン大統領は15日、半導体、電気自動車などの戦略産業について議論するために、1年4ヶ月ぶりに「拡大経済長官会議」を緊急招集し、「半導体産業は、我々の経済の現在と未来がかかる重要な国家戦略産業」と明らかにした。

ムン大統領は、「政府は、企業の投資を促進し、輸出競争力を高め、危機克服はもちろん危機以降の将来に備えること」とし「激変化の波を乗り越えての機会先占のために、企業と政府が一体とならなければならない」と強調した。

続けて、「今、世界で起きている半導体スーパーサイクルを契機に、総合半導体強国への跳躍を強力に支援する」とし、「世界1位を守り、ギャップを広げるための多角的方策を策定する」と述べた。

韓国メディアなどによると、ムン大統領のこのような発言は、ジョー・バイデン米大統領が13日(韓国時間)、サムスン電子など世界の主要企業首脳を集め、「半導体およびサプライチェーン回復に関する最高経営責任者(CEO)サミット」を開き、米国内の半導体産業とサプライチェーンの強化のため積極的な投資を要請した直後に発せられたことから、その帰趨が注目されている。

この日の会議は、ムン大統領が緊急招集した。半導体、電気自動車、造船などの主要戦略産業の現況を点検して対応戦略を議論するためだ。ムン大統領が拡大経済長官会議を主宰したのは、2019年12月以来、1年4ヶ月ぶりだ。

ホン・ナムギ経済副首相兼企画財政部長官とチェ・ギヨン科学技術情報通信部長官、キム・ヒョンス農林畜産食品部長官、ソン・ユンモ産業通商資源部長官、イ・ジェガプ雇用労働部長官、ビョン・チャンフム国土交通省長官、ムン・ソンヒョク海洋水産部長官、グォン・チルスン中小ベンチャー企業部長官、グ・ユンチョル国務調整室長、ウン・ソンス金融委員長が参加した。

民間からは、イ・ジョンベ=サムスン電子社長、イ・ソッキSKハイニックス社長、コン・ヨンウン=ヒュンダイ自動車社長などが参加した。
 
(参考記事:「[特集]韓国半導体産業協会が政府に建議文を上奏…積極的な産業支援を要請」)
(参考記事:「韓国次期大統領最有力候補、SKの半導体新工場訪問…「技術独立は重要課題」「支援を惜しまない」」)
(参考記事:「苦しむヒュンダイに助け舟? 文在寅大統領が約2兆円の支援策発表…水素自動車含む」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない