SKハイニクス、企業SSD新製品「PE8110 E1.S」を量産開始

半導体

SKハイニクス、企業SSD新製品「PE8110 E1.S」を量産開始

SKハイニクスは、データセンターで使用される企業向けSSD製品「PE8110 E1.S」の量産を開始したと15日発表した。同社は3月末製品の内部認証を完了し、5月中に主要顧客に提供する予定であるという。
 
(参考記事:「「キオクシアへの投資資金を回収する考えない」SKハイニクス社長」)
 
先にSKハイニクスは、2019年6月、世界初の128段4D NAND型開発を成功している。以来、同社は128段のNANDベースの企業向けSSD製品の3つの(SATA SE5110、PCIe Gen3 PE8111 E1.L、PE8110 M.2)を開発し、量産してきた。

続いて、今回のPE8110 E1.Sの量産を介して同社は、この分野の製品群の「完全なラインナップ」を構築することになったと説明した。完全なラインナップとは、128段4D NAND型ベースのエンタープライズSSD製品のうち、SATAおよびPCIe(E1.L、M.2、E1.S)*のフォームファクタ(Form Factor、製品の見た目や大きさ、物理的な配列)をすべて備えたことを意味する。

PE8110 E1.Sは、前世代の96段NANDベースの製品であるPE6110比で、読み込み速度は最大88%、書き込み速度は最大83%改善された製品である。これは4GB(ギガバイト)の容量のフルHD級映画一本を1秒で保存する水準である。また、最大容量製品PE8110 8TB(テラバイト)の場合、2000本の映画を一つのSSDに収録することができる。

SKハイニクスは、このように製品の性能を大幅に向上させながらも、電力使用量は、前の世代と同じレベルに合わせ、エネルギー効率を高めた。業界最高水準の性能と容量、そして低消費電力の競争力をすべて備えたと同社は説明した。

同社によると、特にこの製品は、▲システムをそのままにして交換しても、サーバーがすぐに認識することができ▲デザインを改善し、発熱を減らすことができる構造であり▲A / S保証期間が3年から5年に増え、顧客のデータセンターの運用コストこの削減されることができると強調した。

また、この製品は、OCP(Open Compute Project)規格を満たしたとして認証した。 OCPは、世界中のデータセンター関連の主要企業が参加し、超高効率のデータセンターを構築するためのハードウェア、ソフトウェア、および企業向けSSDの標準を議論する国際協議体だ。

SKハイニクスのイ・ジェソン副車両(Solution製品開発担当)は、「当社は、今回の量産を介して完全な製品ラインナップを備え、顧客がHDD(ハードディスクドライブ)をSSDに置き換えることができる選択の幅を広げた」と述べた。続けて、「低消費電力が強みであるSSDはHDDに比べ94%以上の二酸化炭素を削減することができ、環境問題の解決に貢献し、企業のESG経営を強化するのにも貢献するだろう」と付け加えた。
 
(参考記事:「SKハイニクス、独ボッシュに車載DRAMを供給か…10年契約と韓国紙」)
(参考記事:「SKハイニクスが事実上敗北…メモリ技術の特許訴訟で米社と和解」)
(参考記事:「SKハイニクスが「18GM LPDDR5 DRAM」の量産発表」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない