LGとGMが米に二つ目のEV電池工場設立…生産量はEV計100万台分に

EV電池

LGとGMが米に二つ目のEV電池工場設立…生産量はEV計100万台分に

LGエナジーソリューション(旧LG化学電池事業部)が、米国1位の自動車メーカーであるGM(General Motors)と電気自動車バッテリー第2合併工場を設立する。
 
(参考記事:「韓国LGが米GMとEV電池バッテリーを追加で建設か」)
 
LGエナジーソリューションは16日(現地時間)、米国テネシー州ナッシュビルに位置する州博物館でGMのメリー・バーラ(Mary Barra)会長、テネシー州のビル・リー(Bill Lee)州知事、LGエナジーソリューションのキム・ジョンヒョン社長などが出席する中、第2合併工場の投資発表イベントを開いた。

両社は合併法人である「アルティウム・セルズ」を通して、第2合併工場に計2兆7千億ウォン(約2625億円)を投資し、2024年上半期までに35GWh以上の生産能力を確保する計画だ。創出される雇用は1,300人だという。

工場の敷地はテネシー(Tennessee)州スプリングヒル(Spring Hill)地域で、年内に着工し、2023年下半期に量産する計画で、第1合併工場と共にバッテリーを生産しGMの次世代電気自動車に供給する。

GMのメリー・バーラ会長は「合併パートナーであるLGエナジーソリューションと共に、米国に二つ目のバッテリー工場を建設することは私たちが電気自動車の未来へ転換するための一つの主要段階」と明かした。

LGエナジーソリューションのキム・ジョンヒョン社長は「最高のパートナーであるGMと共に電気自動車拡大に積極的に乗り出し、米国のグリーンニューディール政策の成功に大きく寄与するだろう」とし「また、バッテリー生産だけでなく、R&Dから製品開発や原材料の調達まで米国内で差別化された安定的な供給網を整備することにさらに注力する」と明かした。

両社は現在、オハイオ州に35GWh規模のバッテリー第1合併工場を建設しており、ここに追加で同一規模のバッテリー第2合併工場をテネシー州に設立する。

GMとLGエナジーソリューションは、二つの合併工場で2024年までに計70GWh以上のバッテリー生産能力を持つことになり、これは一回充電時500㎞以上走行可能な高性能純粋電気自動車を100万台も生産できる量だ。
GMは2025年までに約30のグローバル電気自動車モデルを発売し、このうち約20の電気自動車モデルは北米国でも販売する計画だ。2025年には販売車両の40%を電気自動車に転換し、電気自動車の100万台以上の販売と北米国市場内の電気自動車販売1位という目標を掲げている。

一方、LGエナジーソリューションは最近、GMとの合併工場以外にも、2025年までに5兆ウォン(約4861億円)以上を単独投資し、米国に独自に70GWh以上のバッテリー生産能力を追加確保する計画だと明かした。

投資が行われれば、LGエナジーソリューション独自の生産能力は従来のミシガン工場(5GWh)と共に計75GWhに増加する。これにGMとの合併工場70GWhを合わせ、米国内で計145GWhの生産能力を確保することになる。これは高性能純粋電気自動車200万台以上を生産できる量だ。

現在LGエナジーソリューションは、グローバル市場全体で世界最大の120GWhの生産能力を確保しており、米国だけでなく韓国、ポーランド、中国などの電気自動車バッテリーの生産能力を拡大し続け、2023年までに260GWhの電気自動車バッテリー生産能力を確保する方針だ。260GWhは高性能純粋電気自動車を370万台以上生産できる量となっている
 
(参考記事:「LG製電池搭載のGM「ボルトEV」の火災リコール受け、米集団訴訟が8件に」)
(参考記事:「米貿易委員会がLGに軍配、SKとのEV電池訴訟戦…バイデン大統領は拒否権行使も」)
(参考記事:「SKとLGが電撃和解、バッテリー紛争解消で合意….SKが約2000億円支払い」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない