LG電子がブルガリと高級有機ELテレビで提携…VVIPマーケ拡大

ディスプレイ

LG電子がブルガリと高級有機ELテレビで提携…VVIPマーケ拡大

LG電子は19日、世界初のローラーブル有機EL TVである「LGシグネチャオーレッドR」について、高級ブランドであるブルガリ(BVLGARI)との協力しVVIPマーケティングを拡大する。
 
(参考記事:「1台900万円で発売されるLGのローラーブルTV」)
 
LG電子は最近、ブルガリと協業して、スイスのジュネーブとチューリッヒのブルガリ店舗に、現地取引先と両社VVIP顧客を招待し、LGシグネチャオーレッドRを紹介するプライベートイベントを進行した。イベントは、同製品の海外発売に合わせ仕掛けるVVIP顧客特化マーケティングの一環である。

ブルガリは世界最大のラグジュアリーグループのルイヴィトンモエヘネシー(LVMH:Louis VuittonMoëtHennessy)が保有するブランドの一つだ。

LG電子は、シグネチャオーレッドとブルガリのターゲット顧客が、価格よりブランドが持つ価値を見て製品を購入するという共通点があるように、二つのブランドが相乗効果を創出するものと期待している。

これに先立ち、LG電子は昨年末に世界的名車ブランドであるベントレー(Bentley)とも共同マーケティングを広げたことがある。

ブルガリのスイス代表取締役ロベルト・マリノ(Roberto Marino)は「シグネチャオーレッドは最高級の素材と高度な技術で作られたブルガリ製品のプレミアム価値と完全に一致した製品」と話した。

LG電子のキム・ジガン=スイス支店長は「VVIP顧客にLGシグネチャオーレッドRが提示する差別化されたライフスタイルを供給できる機会を作り、同製品のファン層を作っていく」と述べた。
 
(参考記事:「韓国でローラーブルタッチスクリーンの特許出願急増…サムスンやLGに集中、住友は6位」)
(参考記事:「韓国LG電子による巻き取れるスマホ「ローラーブルフォン」、中国BOEと共同開発で来年初公開か」)
(参考記事:「LGのローラーブルTV開発者が韓国の「今年の発明王」を受賞」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない