韓国ハンファが硝酸生産を拡大…半導体洗浄などで活用

半導体

韓国ハンファが硝酸生産を拡大…半導体洗浄などで活用

ハンファが半導体とディスプレイの洗浄用素材として使われる硝酸事業に1900億ウォン(約185億円)を投資する。
 
(参考記事:「韓国企業、合成石英ガラスに続き同溶接棒の国産化を発表…政府機関と共同開発」)
 
㈱ハンファのグローバル部門は、2023年までに総1900億ウォンを投資して全羅南道麗水産業団地に硝酸工場を建設すると19日明らかにした。

工場が完成すれば、㈱ハンファの硝酸生産量は40万t(トン)増設され、計52万tへと大きく増える。このうち39万tは、半導体やディスプレイ蒸着、洗浄用素材として活用される。

ハンファ関係者は「単純生産量だけ増えるのではなく、精密化学企業として跳躍するための基盤を用意すること」とした。

ハンファは今回の投資を契機に、日本の輸出規制措置(輸出管理強化)後に関心が大きくなった半導体洗浄剤などの精密化学分野での事業転換を本格化する。

ハンファ系列会社であるハンファソリューションは、3月に、1600億ウォンを投資して年間18万tのDNT(硝酸誘導品)を製造する工場を設立する計画を発表した。硝酸とトルエンの化学反応で生成するDNTは家具内装材、自動車のシートのポリウレタンの製造に使用されるTDIの原料である。 18万t DNT製造時、年間13万tの硝酸が必要である。

ハンファとハンファソリューションは、今回の投資で「硝酸-DNT-TDI」につながる硝酸バリューチェーンを構築し、収益性を高めることができるようになった。今後は、硝酸を活用した高性能複合材料などの生産にも乗り出す予定だ。
 
(参考記事:「炭素繊維国産化の韓国ヒョソン社、ハンファと長期供給契約…150億円規模」)
(参考記事:「韓国企業がArFフォトレジストを国産化…サムスンに供給開始」)
(参考記事:「東京応化工業、韓国でのEUVフォトレジスト生産を大幅拡大か…「国産化政策に危機感」韓国紙」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない