韓国クムホタイヤ、米テスラにEV用タイヤを供給か…「テスラはパートナー」

その他

韓国クムホタイヤ、米テスラにEV用タイヤを供給か…「テスラはパートナー」

韓国のクムホタイヤが、米テスラに電気自動車用タイヤの供給を推進するとの報道が出ている。
 
(参考記事:「韓国クムホタイヤ、326億円かけベトナム工場増設…米追徴関税受け」)
 
20日、THE GURUによると、クムホタイヤの親会社であるダブルスター(Doublestar/中国)は19日(現地時間)、第1四半期(1~3月)の業績を発表イベントにおいて、テスラを「パートナー」と呼んだという。この日、ダブルスターは、「テスラのタイヤを供給する計画があるのか?」という投資機関の質問に対し、「クムホタイヤはテスラの計画されたパートナー(Intended partner)」と述べたという。

このような発言について同紙は、「クムホタイヤがテスラにタイヤ供給を推進し、既にOE候補に含まれているものと業界は解釈している」と伝えた。

クムホタイヤがOEメーカーで最終確定された場合、韓国のタイヤブランドとしては、ハンコックタイヤに続いて二番目にテスラの電気自動車モデルに新車用タイヤを供給することになる。ハンコックタイヤはすでにテスラ「モデルY」に19インチタイヤを供給している。先立って2016年「モデル3」にもタイヤを納品するなど関係を深めている。
 
(参考記事:「韓国ハンコックタイヤ、米工場増設で生産量2倍に…反ダンピング関税への対応か」)
(参考記事:「韓国ハンコックタイヤ、テスラ「モデルY」にタイヤ供給か」)
(参考記事:「韓国LG、テスラに4680電池サンプルを供給か…日産バルセロナ工場買収し量産?」)
 
(写真:テスラのモデル3=テスラ)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない