ベトナムのLGスマホ工場、冷蔵庫など生活家電生産に転換…「雇用に影響は及ぼさない」

スマホ

ベトナムのLGスマホ工場、冷蔵庫など生活家電生産に転換…「雇用に影響は及ぼさない」

スマートフォン事業からの撤退を公式宣言したLG電子が、ベトナム・ハイフォンにあるスマートフォン工場を、冷蔵庫などの生活家電の生産ラインに転換することが分かった。
 
(参考記事:「LG電子のスマホ撤退で、日中米企業が特許買取を打診か」)
 
20日、LG電子ベトナム法人は、グローバルニュースルームを通じて、今年中に工場の生産ラインを切り替えて人材再配置を完了した後に追加投資計画を発表すると明らかにした。

LG電子のジョン・ヘジン=ベトナム法人長(常務)は、「スマートフォンの生産中止は、LG電子のコア製品ポートフォリオ再編の一環」とし、「LGの携帯電話事業撤退はハイフォンでの生産、事業活動と雇用に大きな影響を及ぼさないだろう」と述べた。

ジョン法人長は、「LG電子は、生活家電のように、世界的に需要が高い製品を生産するために力を注ぎ、ベトナムの生産を再編し、拡大するだろう」と付け加えた。

LG電子は、今年中に人材再配置と生産ラインの切り替えを完了するという方針だ。追加投資計画も発表する予定だ。

LG電子は、2015年にベトナム・ハイフォンに「LGハイフォンキャンパス」を設立し、スマートフォン、TV、家電製品などを生産してきた。 LGイノテック、LGディスプレイなど系列会社もハイフォンでカメラモジュール、ディスプレイなどを生産してきた。現在ハイフォンキャンパスで働く従業員は1万6千人以上とされる。
 
(参考記事:「LG電子株が好調、携帯事業撤退で6日3.56%↑」)
(参考記事:「LG電子がブルガリと高級有機ELテレビで提携…VVIPマーケ拡大」)
(参考記事:「「LG電子のスマホ事業撤退を非常に歓迎する ポートフォリオ改善」韓国証券社」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない