LGが商業用洗濯機で攻勢…スマートランドリーを展開

その他

LGが商業用洗濯機で攻勢…スマートランドリーを展開

LG電子が、スマート機能を強化した商業洗濯機市場の攻略に拍車をかける。

LG電子は、2008年に米国で開始した商業洗濯機事業を持続的に拡大してきた。 LG商用洗濯機と乾燥機などを備えたコインランドリーである「ランドリーラウンジ(Laundry Lounge)」は、米国をはじめアジア、ヨーロッパなど30カ国で大幅に増えた。

LG電子は最近、オープンしたフィリピン・マニラにある「スマートランドリーラウンジ」への製品供給を開始し、スマート商業洗濯機事業を本格化すると20日に明らかにした。製品のみ供給していた従来とは異なり、スマートランドリーラウンジにはスマートなソリューション、店頭デザインなど諸ソリューションを提供した。

スマートランドリーラウンジには、15kg容量のLG商用洗濯機と乾燥機がそれぞれ10台設置されている。 LG電子は最近の非接触トレンドを考慮して、スマートラウンジを利用する顧客のために衛生機能とスマート機能を大幅に強化した。

マニラのラウンジに設置されたLGの商用洗濯機は、殺菌に強い温水洗浄オプションが搭載されて、より衛生的に洗浄することができるという。

また、LG電子は、同ラウンジを利用する顧客のための専用のアプリケーション「LGランドリーラウンジ」を初めて披露した。顧客はアプリを介し、支払や洗濯・乾燥コースなどを設定することができる。訪問する前にアプリで事前に予約することができ、外部からの洗濯進行時間を確認したり、終了した時点に合わせてアラームの設定をしたりできる。

一方、LG電子は、スマートラウンジを利用する顧客のために紹介映像も公開した。この映像は、フェイスブック(https://www.facebook.com/LGCommercialLaundryPH)を介して確認することができる。

H&A、海外営業グループ長クァク・ドヨン専務は「顧客のライフサイクルに合わせて差別化された洗濯ソリューションを備えた製品を前面に出して、さまざまな事業をもとにLGの家電ファン層を拡大していくだろう」と述べた。
 
(参考記事:「LG電子のスマホ撤退で、日中米企業が特許買取を打診か」)
(参考記事:「ベトナムのLGスマホ工場、冷蔵庫など生活家電生産に転換…「雇用に影響は及ぼさない」」)
(参考記事:「LG電子、Qu&Coと量子コンピューティング技術を共同開発」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない