韓国特許庁、AIや半導体などの審査員を募集…先端産業の審査能力を拡大へ

通商・特許

韓国特許庁、AIや半導体などの審査員を募集…先端産業の審査能力を拡大へ

韓国特許庁がAIや半導体などの高品質の知的財産審査サービスを提供するため、専門審査人材を補充する。

20日、特許庁によると、3つの新産業の産業分野の競争力強化のために、人工知能、半導体、燃料電池、バイオ医薬、医療機器などの重要な技術分野の専門審査官25人を募集する。

審査官は、6級職位に行政職3人、技術職22人を採用する。学位(修士以上の)または専門資格(弁護士、弁理士、薬剤師、獣医師など)を保有した場合に受験が可能である。願書受付は来月4-7日にある。

ク・ヨンミン特許庁運営支援課長は「高品質の審査サービスを提供して、企業が迅速かつ強力な知的財産権を確保することができるように専門の審査人員補充を持続的に拡大する」と語った。
 
(参考記事:「韓国特許庁、日本と中国の商標類似リストを公開…バッティング避けるため」)
(参考記事:「量子技術の特許、IBMや東芝が多く出願も韓国は別…「熾烈な競争」特許庁」)
(参考記事:「韓国特許庁と水素産業協会がMOU…知財強化などで協力」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない