ヒュンダイが火災相次ぐEVモデルの販売終了か…韓国以外では継続?

EV電池 その他

ヒュンダイが火災相次ぐEVモデルの販売終了か…韓国以外では継続?

ヒュンダイ自動車が「コナEV」の国内販売を終了するとの報道が出ている。
 
(参考記事:「ヒュンダイの「コナEV」は電池全量交換へ…リコール後も火災発生で」)
 
22日、複数の韓国メディアによると、ヒュンダイ自動車は最近、内需用コナEVの生産を停止した。コナEVの相次ぐ火災で国内販売が減少していた上、国内外で約7万7000台をリコールしたことで決定を下したとみられる。

コナEVは、過去2018年にリリースされ、先月までに韓国で合計3万3830台が販売された。

コナEVは、これまで何度も火災が発生し、需要が減少した。韓国内では発売一ヶ月後となる2018年5月に初めて火災が報告された後、現在までに15件の火災が発生し、海外ではカナダやオーストリアなど4件の火災が発生した。

当初、ヒュンダイ自動車は、コナEVのBMS(バッテリ管理システム)に問題があると見て、これを更新するリコールを実施したが、リコール後も火災やシステム問題が発生したことからと、最終的にバッテリー全量交換を実施することにした。リコール費用は約1兆ウォン(約970億円)であり、バッテリー製メーカーであるLGエナジーソリューションとの合意の末3866億ウォンをヒュンダイ車が、5550億ウォンをLG円ブラシ負担することに決めている。

一方、ヒュンダイ車はコナEVの海外輸出は継続的に維持していく方針だ。コナは、これまで海外で海外合計10万1574台が売れた。欧州への輸出モデルは今年月平均で2500台が販売されている。
 
(参考記事:「コナEV火災リコール、金額でヒュンダイがLGに譲歩した理由は?」)
(参考記事:「[特集]ヒュンダイ「コナEV」の火災原因(韓国当局発表全文)」)
(参考記事:「ヒュンダイの市バス(EV)で火災事故…電池は「コナEV」と同じLG製と判明」)
 
(写真:コナEV=ヒュンダイ自動車ウェブサイト)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない