ASMLとAMAT、韓国向け売上が急増…Q1は台湾上回る

半導体

ASMLとAMAT、韓国向け売上が急増…Q1は台湾上回る

オランダASMLの1~3月売上のうち、韓国向けの割合が急増したことが分かった。
 
(参考記事:「ASMLの営業利益が前年比225%↑…1~3月実績」)
 
オランダの半導体製造装置メーカーであるASMLは21日(現地時間)の実績発表を通じて第1四半期(1~3月)の売上高43億6,400万ユーロ、営業利益13億3,100万ユーロを記録した明らかにした。

ASMLの同売上高のうち、韓国販売比率が44%で、台湾(43%)だった。

ASMLは、最先端の微細半導体製造に必要なEUV露光装置を世界で独占生産するメーカーだ。昨年第4四半期(10~12月)には、ファウンドリ(半導体受託生産)1位のTSMCを擁する台湾への売上高割合が39%で、サムスン擁する韓国(31%)を上回ったが、今回(第1四半期)は韓国が台湾を逆転した形だ。

ASMLに先立って、米アプライドマテリアルズ(AMAT)も第1四半期の業績を発表し、そのうち韓国の売上高の割合は25%で台湾(23%)を上回った。昨年第4四半期には、台湾の割合が33%で、韓国(12%)の2倍以上だった。
 
(参考記事:「サムスンが韓米で約7兆円規模の半導体投資か…文・バイデン会談時に発表可能性」)
(参考記事:「サムスンのASML保有株価値が10年で10倍超に」)
(参考記事:「SKハイニクス、EUV露光機導入に4500億円投入…取締役会で議決」)
 
(写真:ASMLのEUV露光装置=ASMLウェブサイト)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない